logo

デルタ航空、日本語機内誌「スカイ」最新号でニューヨークのホテルステイを特集

デルタ航空 2015年05月01日 18時10分
From PR TIMES

元NYヤンキース主将 デレク・ジーター来日レポートも掲載



デルタ航空では英語版機内誌「Sky」に加えて、日本語版「スカイ」を隔月発行し、日本発着便の全座席に搭載しています。最新号5月/6月号では、「ニューヨークの旬を楽しむ、最高のホテルステイ」と題し、ミッドタウンにこの3月にオープンした「バカラ ホテル&レジデンス ニューヨーク」や、ブルックリンのランドマーク的存在、「ワイス・ホテル」など、エリアごとに旬のホテルを紹介しています。
[画像1: リンク ]



第二特集では、カリブ海の美しい島々、バハマの休日をとりあげました。また、スペシャルインタビューとして、チャリティーイベント参加のため日本を訪れた元ニューヨークヤンキース主将、デレク・ジーター氏の来日スペシャルレポートを掲載しています。

[画像2: リンク ]

特集など、一部のコンテンツは、機内誌ウェブサイトwww.deltasky.jpでもご覧いただけます。

デルタ航空日本語機内誌スカイについて
隔月発行の日本語機内誌スカイマガジンは、旅をコンセプトにしたライフスタイルマガジンです。旅、ビジネス、エンターテインメント、ファッション、トレンド分野の読み物に加えて、機内サービスや空港のターミナル情報など、渡航に際して役立つ情報を日本語でお届けしています。日本発着路線のデルタ航空全便に搭載されているほか、空港ラウンジ等で無料配布しています。機内誌ウェブサイトでは、特集記事のダイジェスト版やインタビュー記事を掲載しているほか、機内食や機内エンターテインメント情報、誌面に掲載しきれなかった写真を集めたギャラリー、編集部の取材秘話を集めた「エディターズノート」などをご紹介しています。

デルタ航空について
デルタ航空は、米国航空会社の中で最多の日本発着便を運航しています。成田空港をアジア地域のハブ空港と位置付け、成田から米国本土7都市のほか、ホノルル、グアム、サイパン、パラオのリゾート4都市やアジア5都市に向けて直行便を運航しています。加えて、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港セントレア、福岡空港からもリゾートやアメリカに向けて直行便を運航しています。また、米国をはじめ世界で活躍する日本人アスリートを応援しており、プロゴルファーの藤田 寛之選手、有村 智恵選手、プロテニスプレイヤーの錦織 圭選手のオフィシャルエアラインのほか、メジャーリーグ・ベースボールの日本におけるオフィシャルパートナーを務め、読売巨人軍のサポーティングカンパニーとなっています。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。