logo

シミュレーションゲーム「WAR THUNDER」1.49アップデート実装。

株式会社SUBETE 2015年05月01日 11時00分
From PR TIMES



オンラインゲーム会社、株式会社ガイジンエンターテインメントが、開発・運営を行っているシミュレーション
ゲーム「WAR THUNDER」は本日ウォーサンダー1.49「Weapons of Victory」のアップデート配信することを
お知らせします。
[画像1: リンク ]



今回のアップデートにより約40台以上の新乗り物や三つの新しいマップが追加され全世界900万人のユーザはこのアップデートにアクセスすることができます。
その中でも"ノルマンディー"マップは 1944年6月にフランス北部を起きたバトルオブザヘッジローのオマージュとして制作し、待ち伏せポイントと地形を最大に活かせて攻撃できるポジションなどを提供します。さらに米国と西ドイツ間で行われた戦争でもっとも長い戦いだったヒュルトゲンの森の戦いがあったヒュルトゲンの森などをウォーサンダーの「帝国議会」マップでは、その戦争当時の戦争場やベルリンなどをそのまま再現しました。

[画像2: リンク ]

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]

また、ヨーロッパでの勝利の70周年を祝うために、開発チームは「Weapons of Victory」と呼ばれる独店シリーズを用意しております。これは、それぞれの飛行機や戦車は伝説的な実話を持っているものになっておりますのでユーザは、5月のゲーム内のイベントやプロモーション活動に参加することによりその伝説の乗り物を取得することになります。また伝説の戦闘機の中であるスーパーマリン スピットファイアやP51ムスタング 戦闘機’が追加され、地上軍には対戦車砲を搭載しているBattalionを含めた4台の新乗り物が実装されます。さらに航空機ダメージシステムのアップデートでユーザーは非常着陸時自分の機体デミージーを直接に確認できるようになります。詳細は下記のブログで確認できます。
リンク

非プレミアムバージョンであるM-18戦車駆逐は、実際にアメリカの自走砲の新ラインの一部です。強力な攻撃火力を搭載しているロケット発射器であるT34シャーマン「カリオペ」を提供します。さらにイギリスは恐ろしい攻撃を持っているFB.1ジェットに海軍航空隊に配置させ、ドイツ、ソ連、日本でも新たな武器を実装させます。今回のアップデートで40台の新しい飛行機や戦車が1.49アップデートに追加されます。


[画像5: リンク ]

ガイジンエンターテイメントはまた、ウォーサンダーの優秀なスキルを持っているユーザのためにトーナメントイベントなども開催しますので詳細なイベント内容は下記のブログで確認することができます。
リンク

[画像6: リンク ]

今回のアップデートの動画は下記で確認できます。

リンク


「ウォーサンダー」は、公式サイトから無料でダウンロードできます。空中で繰り広げられるバトルの快感をぜひ体感してください。

                リンク THUNDER.com

[画像7: リンク ]

株式会社ガイジンエンターテインメントとは

ウォーサンダーを始め、スターコンフリクト、その他PC、Mac、PS4、PS3、Xbox 360、iOS、Androidタイトルのロシアゲーム開発・運営会社。
KRI Awards、Gamescom Award、マスメディアやゲーム業界アワードなど多数受賞。

会社名:Gaijin Entertainment

所在地:Snezhnaya street, b 26, 7 floor129323, Moscow, Russian Federation

事業内容:PC、Mac、PS4、PS3、Xbox 360、iOS、Androidのゲーム開発・運営会社

公式ホームページ : リンク

公式動画:リンク


[画像8: リンク ]

■株式会社SUBETE 会社概要

社名 SUBETE CO.,LTD.   リンク

所在地:東京都渋谷区代々木4-28-8村田第一ビル503

代表者:李美林

事業内容:国内及び海外モバイルアプリマーケティング及び、運営


■本件に関するお問い合わせ先

株式会社SUBETE

subete-games 広報宛

E-Mail : info@subete-games.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。