logo

第2回「~hontoで学ぶ~」月間150万PVを超える人気社会派ブロガーによる「ちきりんの『マーケット感覚』を使って、本と出版の未来を考えよう!」を5月27日(水)に開催決定

hontoPR事務局 2015年04月24日 14時03分
From PR TIMES

-書籍 通販 電子書籍のハイブリッド書店サービス「honto」-~本日よりhonto特設ページにて参加受付を開始~

 ハイブリッド書店サービス「honto(ホント)」を運営する大日本印刷(DNP)とDNPグループの書店およびトゥ・ディファクトは共同で、人気社会派ブロガー・ちきりん氏を講師として招き、本から学ぶセミナー型イベント「~hontoで学ぶ~」の第2回目として、「ちきりんの『マーケット感覚』を使って、本と出版の未来を考えよう!」をhontoカフェにて2015年5月27日(水)に開催します。本日からhonto特設ページより参加受付を開始、応募頂いたhonto会員の中から抽選で50名様を招待します。



 本から学ぶセミナー型イベント「~hontoで学ぶ~」では書籍の著者を講師として招き、講座を通じて本の内容を実体験することで、本から知識を得ることのおもしろさを知ってもらう機会を提供します。

[画像1: リンク ]



 今回講師を務めるちきりん氏は、2年ぶりの書き下ろし新刊『マーケット感覚を身につけよう』の中で、「書店は本ではなく、本を選ぶ価値を売るべき」と指摘しています。
 第2回「~hontoで学ぶ~」は、「マーケット感覚」をフル稼働させ、書店、電子書籍、出版にまつわる「潜在的な価値」を見いだし、参加者全員で新たな市場創造の可能性について議論する参加型イベントとして開催します。


第2回「~hontoで学ぶ~」概要

・講座名:~hontoで学ぶ~ ちきりんの『マーケット感覚』を使って、本と出版の未来を考えよう!
・日時:2015年5月27日(水)19:00開始(予定)
・参加費:1000円 (飲料代含む)
・講師:ちきりん氏
・協力出版社:ダイヤモンド社
・場所:コミュニケーションプラザ ドットDNP1階 hontoカフェ
・住所:東京都新宿区田町1-14-1
・エントリー期間:2015年4月24日(金)~2015年5月11日(月)23:59まで
・エントリー方法:エントリー時に、書籍ビジネスに関する「新たな価値」のアイデアを最低ひとつご記入ください。
例)「いま自分が書店なら、もしくは出版社なら、こんなことをやってみる」
  「電子書籍は、こうしたらもっと読まれるようになる」
  「個人がネットで本を売る、こんな仕組みを思いついた」 など
また書店、出版社等、書籍関連業界で働いている方はその旨も明記してください。
 ※当日は、そのうちいくつかのアイデアを取り上げ、ちきりん氏と共に参加者全員で議論します。
期間中にエントリーしたhonto会員の方の中から、抽選で50名様をご招待。
 ※新規honto会員への登録を行った場合もエントリー可能です。
・キャンペーンサイトURL: リンク
・応募ページURL: リンク

[画像2: リンク ]



ちきりん氏プロフィール
社会派ブロガー

 関西出身。バブル期に金融業界で働いた後、米国留学。帰国後、外資系企業で働きながらブログを書き始め、2011年からは文筆活動に専念。月間 150万PVを超える超人気ブログ「Chikirinの日記」の執筆に加え、12万部のベストセラー『自分のアタマで考えよう』など著作も多い。
 セルフ出版した電子書籍『Chikirinの日記の育て方』は、累計1万部以上がダウンロードされている。

Blog: リンク
Twitter: @insideCHIKIRIN

「~hontoで学ぶ~ 」について

 「~hontoで学ぶ~」では、書籍の著者を招き、本を通じて著者が伝えたいメッセージに直接触れること、講座を通じて本の内容を実体験することなどで、本から知識を得ることのおもしろさを知ってもらう機会を提供することを目的とした講座です。
 本を通じて学びたい気持ちを持つ方を対象に、年間を通して開催する予定です。

ハイブリッド書店サービス「honto」について

 ハイブリッド書店サービス「honto(ホント)」は、リアル書店・ネットストア・電子書籍ストアの3つの販売形態を連動させ、紙とデジタル両方(ハイブリッド)の強みを活かした書店サービスです。丸善、ジュンク堂、文教堂の提携書店およびネットストア、電子書籍ストアのどこで購入しても共通のhontoポイントが貯まるほか、共通IDによる各書店での利用情報の一元管理や、推奨情報の入手などができる、「読みたい本を読みたい時に読みたいカタチで読める」サービスです。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。