logo

ペイメント・マイスターが三菱UFJニコス「J−Mups」に対応

~大規模店舗向けにIC付きクレジットカード決済をはじめ拡張性のある決済ソリューションを展開~

株式会社フライトシステムコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長 片山圭一朗、以下当社)は、スマートデバイスを活用したクレジットカード・銀聯カードなど複数の決済処理ができる新サービス「ペイメント・マイスター for J-Mups」を開発、本日から加盟店向けに提供を開始することを発表いたします。



[画像: リンク ]



当社は、国内のスマートフォン決済先駆者として、2010年9月より三菱UFJニコス株式会社の協力を得て、国内初のiPhoneやiPadをクレジットカード決済端末にする大企業向けソリューション「ペイメント・マイスター」を販売しております。すでに高級ホテル施設での決済、レストランのテーブルチェックや観光タクシーでの決済、並びに旅行代理店等、幅広い業種に導入いただいております。また2013年4月に、J-Debit(*1)、電子マネー、銀聯カード、クレジットカードといった決済を一台で実現できるマルチ決済端末「Incredist(インクレディスト)」を発売開始しております。
(公式サイト:リンク

この度発表した「ペイメント・マイスター for J-Mups」は、接続先決済センターを「J-Mups(ジェイマップス)」とし、顧客ニーズに合わせた様々な拡張性の高い決済を実現します。第一弾として、磁気クレジットカード、銀聯カードに加え、IC付きクレジットカード、
J−Debitの決済に対応します。

「J-Mups(ジェイマップス)」は、2012年7月より三菱UFJニコス株式会社とJR東日本メカトロニクス株式会社が共同で開発・運営しているクラウド型マルチ決済システムで、クレジットカード(磁気カード、IC付きカード)、銀聯カード、J-Debitといった決済サービスの他、各種規格の電子マネーにも対応可能です。決済に使用する回線は専用回線ではなく、インターネット回線が利用可能になっており、iPad等のWi-FiまたはLTE回線を使って安全、安心に決済が可能です。またクラウド型システムの特徴を活かし、利用するカード読取端末「Incredist」やスマートフォン、タブレットにはカード情報を残さず、安全性にも配慮した設計になっています。導入先企業では、iPad等のスマートデバイスに「ペイメント・マイスター for J-Mups」をインストールし、マルチ決済端末「Incredist」を使って、いつでも・どこでも様々なカード決済が可能となります。

「ペイメント・マイスター for J-Mups」では今後、電子マネー、マルチ通貨対応、電子クーポンなど取り扱いサービスを拡大していく計画で、導入企業には新たなハードウェア投資をすることなく、ソフトウェアの拡張性によりお客様の支払ニーズにあわせた決済手段を提供していく予定です。

<三菱UFJニコス株式会社様より>
クレジットカードのICカード対応はキャッシュレス決済を促進するための安全・安心な取引環境整備において、重要な要素の一つです。国内初としてiPhone決済をスタートし、mPOS市場をリードしてきた「ペイメント・マイスター」がICカード対応することにより、POS端末のIC対応で苦慮されていた加盟店様も含め規模を問わず様々なシーンでIC取引が加速されることが期待できます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。