logo

尾木ママこと教育評論家の尾木直樹氏と共同作成『いじめの未然防止・早期発見を目的とするアンケートテンプレート』を提供開始

株式会社マクロミル (本社:東京都港区、代表執行役:小西克己、以下「マクロミル」)は、教育評論家の尾木直樹氏と共同で、『いじめの未然防止・早期発見を目的とするアンケートテンプレート』を作成し、マクロミルのセルフ型アンケートツール「Questant(クエスタント)」の中で、本日2015年4月23日より提供を開始しました。



■『いじめの未然防止・早期発見を目的とするアンケートテンプレート』 誕生の背景

平成25年6月28日に「いじめ防止対策推進法」が成立(同年9月28日より施行)し、教育現場におけるいじめの未然防止・早期発見を目的とする調査が義務化されました。
しかし独自にアンケートを作成している学校もあるため、出席番号や名前を書かせてしまったり、筆跡や、席の後ろから順番にアンケートを回収したりすることで、回答者が判別できてしまうことがあります。このような匿名性の欠如や、「いじめをしていますか?」という直接的な聞き方でアンケートを取ってしまうことで、児童・生徒はいじめの実態を伝えづらく、学校側もいじめの実態を正確に把握しづらい、という課題があります。
こうした課題への対策として、いじめの実態を正確に把握し、且ついじめを未然に防ぐためのアンケートテンプレートを作成することにしました。また、実際の教育現場でのいじめ問題に役立つものを作りたいと考え、教育評論家の尾木直樹氏に監修いただきました。

[画像1: リンク ]

尾木 直樹 氏
法政大学教職課程センター長兼教授、臨床教育研究所「虹」所長
早稲田大学卒業。子どもと教育、いじめ問題、メディア問題を中心に調査・研究、執筆・講演活動まで幅広く活躍する

尾木氏からのコメント
「このテンプレートが、1つでも多くの悲惨ないじめの防止・早期発見につながれば嬉しく思います。」


[画像2: リンク ]



『いじめの未然防止・早期発見をとするアンケートテンプレート』
発表記者会見の様子
2015年3月31日(火)、マクロミル品川本社ホール

テンプレートの概要について話す尾木氏


■特長

1. いじめの早期発見だけでなく、アンケートに回答することで、いじめの予防や学習にも役立てられます。単なるいじめのあぶり出しや犯人捜しではなく、児童・生徒が質問を読み、判断し、回答するという作業1つ1つが、いじめの学習機会となります。テンプレートは、個人のいじめ認知状況、いじめ発生度(目撃度)、いじめ自己体験状況、いじめへの共感心情、加害・被害状況への反応度をみる8問構成です。

2. テンプレートの利用に加えて、尾木直樹氏による学級づくりのためのヒント、アンケート実施時期や実施方法、アンケート結果の見方の解説もダウンロード可能です。

3. PC等を使ったWEBでの回答のため、匿名性を担保することができます。


■テンプレートのサンプルを見る

リンク


■料金

ビジネスプラン、または、プレミアムプランに登録すると、テンプレートの閲覧・利用とデータ活用の手引き(結果の見方)のダウンロードができるようになります。プランは年契約となり、契約期間内はテンプレートを無料で何度でもご利用いただけます。※詳細はFAQをご確認ください。リンク
[画像3: リンク ]

※詳しい料金プランは、Questantサービスサイトをご覧ください。 リンク


■Questantとは?

[画像4: リンク ]

Questantは、国内13万人が利用しているセルフアンケートASPです。アンケートを作成したことがない人でも、まるで画面と会話をするように、簡単かつ快適にアンケートを作ることができます。作ったアンケートは、そのままWebサイト上に設置したり、メールやSNSで呼びかけたりするなど、様々な方法で告知することができます。また、回答画面はタブレットやスマートフォンにも最適化しており、アンケート作成者だけではなく回答者にもやさしいシステムです。

以上


【株式会社マクロミル 会社概要】
社名 ■株式会社マクロミル
本社 ■東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー11F
URL ■リンク
設立 ■2000年1月31日
代表者 ■代表執行役 小西克己
事業内容 ■インターネットリサーチ事業を核としたマーケティングサービス

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。