logo

Gaba、2015年6月より自主学習システムのリニューアル

株式会社GABA 2015年04月23日 13時00分
From PR TIMES

~ より効率的に英会話学習に取り組みたい方へオンライン学習コンテンツの強化 ~

マンツーマン英会話スクールを運営する株式会社GABA(ガバ)(本社:東京都新宿区、代表取締役:齊藤正俊)は、2015年6月1日(月)より、受講生専用サイト「myGaba(マイガバ)」内にある自主学習コンテンツをリニューアルします。



[画像1: リンク ]

当社は、現在受講生向けにレッスンの予約やキャンセル、予習・復習に使える専用サイト「myGaba」の提供をしています。パソコンからだけではなく、スマートフォンからもログインできるため、多くの受講生が自宅以外の通勤・通学、隙間時間にサイトを活用して英語学習に取り組んでいます。
この度、受講生がより効率的に自主学習に取り組めるよう、本サイト内の学習コンテンツのうち、3点をリニューアルします(表参照)。1点目は、予習と復習コンテンツを、それぞれ「myPrep(マイプレップ)」、「myReview(マイレビュー)」と呼び、併せて、カリキュラム各章の習熟度を高めるため、ダイアログをリアルに再現した動画を追加します。2点目は、購入したカリキュラム内の約50または100語彙・フレーズ※を集約した「myCards(マイカーズ)」の提供を開始します。最後に、同サイトから受講生自身が学習進捗度を確認できる「クライアント・ダッシュボード」を新設します。この学習進捗度は、インストラクターと、レッスンのプランニングや学習サポートを行うカウンセラーも確認できるため、より良いレッスンやカウンセリングなどサービスの提供に役立てられます。

<新コンテンツ/特徴>
myPrep(マイプレップ) myReview(マイレビュー)
・各章の字幕付きダイアログを動画で学習
・キーフレーズは、穴埋めや正誤問題により反復練習が可能
[画像2: リンク ]


myCards(マイカーズ)
・カリキュラム内の約50または100※の新出語彙やフレーズを収録
・レッスンで習った語彙やフレーズを簡単に登録
・その他習得したい語彙やフレーズは自由に登録追加・削除が可能
[画像3: リンク ]


クライアント・ダッシュボード
・受講生自身が各コンテンツの学習進捗状況をグラフで把握可能
・進捗状況はインストラクターや担当カウンセラーも確認でき、学習サポートに活用
[画像4: リンク ]

本リニューアルにより、自主学習だけでなく、レッスンでの英会話学習の習熟度を高め、さらに効率よく上達を目指せるようサポートしてまいります。
※購入カリキュラムのユニット数によって、収録されている語彙・フレーズ数が異なります。
#新コンテンツは、2015年6月時点ではSnapshots New(スナップショッツ ニュー)とBusiness Advantage(ビジネスアドバンテージ)のGabaレベル1~6を利用する受講生のみ利用できるようになります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。