logo

GW=旅行は幻想?!「旅行予定あり」20代女性では25.6%、求めるものは「癒し」「休息」「ふれあい」【「ゴールデンウィークについての意識調査2015」結果レポート発表:「BWRITE」】

株式会社 ADDIX 2015年04月23日 12時24分
From PR TIMES

ブログメディア「BWRITE」×クラウドソーシングサービス「Skets」共同調査結果

デジタルマーケティング会社の株式会社ADDIX(本社:東京都港区 代表取締役社長:酒井大輔)が運営する、ビューティ・ファッションに特化した最新マーケティング情報を発信するブログメディア「BWRITE」は、同社運営のマーケティング特化型クラウドソーシングサービス「Skets」会員である20代~40代の女性に対して実施した「ゴールデンウィークについての意識調査2015」の結果レポートを発表いたしました。



[画像1: リンク ]



本格的なレジャーシーズンの幕開けとなる、ゴールデンウィーク。BWRITEでは、ゴールデンウィークを目前にひかえた4月中旬、マーケティング特化型クラウドソーシング「Skets(スケッツ)」(リンク)会員の20~40代の女性250名に対して今年のゴールデンウィークについてのアンケート調査を実施。このたび「ゴールデンウィークについての意識調査2015」として結果レポートを発表しました。

「ゴールデンウィークについての意識調査2015」調査結果ページ
リンク

<結果の概要>
■今年GWに旅行を予定しているのは4割。20代では3割を切っている。
■旅行に行かない理由 「旅行代金が高い」「近場で過ごしたい」が上位に。
■旅行予定者の4割が旅行用にファッションアイテムを購入予定。購入したいもの1位は「スニーカー」。
■GWに最も求めるものは、シングル女性「癒し」「休息」、既婚女性「家族や友人とのふれあい」。

<調査概要>
【調査実施期間】
 2015年4月10日(金)~ 4月13日(月) <4日間>
【調査対象・人数】
 20~40代の「Skets」会員女性 250名(有効回答)
【調査方法】
  WEBアンケート方式(計17問)

<結果詳細>
■今年GWに旅行を予定している38.0% 20代は25.6%と旅行に消極的
20代~40代の女性に、今年のGWに日帰り旅行を含めた旅行の予定があるかどうかをたずねた。その結果、38.0%が「はい」と回答。「いいえ」が6割を占め、行く予定のない女性のほうが、行く予定の女性よりも割合が高かった。

年代別で見ると20代女性では「はい」と回答したのは約4人に1人の25.6%にとどまった。30代、40代では4割以上が「はい」と答えており、GWに旅行に行くことに消極的な20代の姿が浮き彫りになった

[画像2: リンク ]



[画像3: リンク ]



■旅行に行かない理由 「旅行代金が高い」「近場で過ごしたい」
今年のGWに旅行の予定がないと答えた女性に理由を聞いたところ、「連休は旅行代金が高い」「旅行に行くより、近場で過ごしたい」がともに34.2%で最も多かった。ついで、「どこにも行かずに休みたい」(23.2%)。 GWに旅行に行くことについて、そもそもメリットを感じていないことをうかがわせる回答が目立つ。


[画像4: リンク ]



■旅行予定者の4割が旅行用にファッションアイテムを購入予定 TOPは「スニーカー」
今年のGWに旅行に行くと回答した人のうち、今年のGWの旅行用に、服や靴、バッグなどのファッションアイテムを購入する予定が「ある」と回答したのは38.9%と、4割弱だった。購入予定がある方に、買う予定のアイテムをたずねたところ、最も多くあがったのは「スニーカー」(35.1%)だった。次いで、「その他の衣類」(32.4%)、「ワンピース」(29.7%)と続いている。
[画像5: リンク ]



[画像6: リンク ]



■購入理由は「旅行のついでに新しいものがほしいから」
今年のGWの旅行用にファッションアイテムを購入予定の方に買いたい理由をたずねたところ、62.2%が「旅行のついでに新しいものがほしいから」と回答。最も多かった。また、3位には「今年のトレンドのものがほしいから」(40.5%)がランクイン。必要性よりも「ほしい」気持ちが先に立つ、女性ならではの心理がうかがえる。2位は、「軽くて持ち運びしやすいものがほしいから」(43.2%)。
[画像7: リンク ]



■GWに求めるもの シングル「癒し」「休息」、既婚者「家族や友人とのふれあい」
最後に全員に、今年のGWに最も求めるものを1つだけ答えてもらった。全体で最も多かったのは、「癒し・リフレッシュ」で36.0%。次いで「家族や友人とのふれあい」で29.2%だった。

求めるものについては、ライフスタイルの異なる未既婚別で大きな違いがあった。シングルでは「癒し・リフレッシュ」との回答が40.9%で最も多く、2位は「休息」(21.7%)、3位は「家族や友人とのふれあい」(10.4%)。一方、既婚者では「家族や友人とのふれあい」がTOP(45.2%)。次いで「癒し・リフレッシュ」(31.9%)、大きく開いて「休息」「グルメ」(どちらも5.9%)となっている。 GWにシングル女性は「癒し」や「休息」を求め、既婚女性は「家族や友人とのふれあい」を最も求めているという構図だ。


[画像8: リンク ]



[画像9: リンク ]



「BWRITE」では、今後もSkets会員に対してコスメ・ファッションに関する意識調査を定期的に行い、分析の結果を発表して参ります。

※レポート全文と全てのグラフは、BWRITEの調査結果ページでご覧いただけます。
リンク

※本調査結果は転載フリーです。
ご利用の際は、調査主体「BWRITE」、およびアンケート収集元「Skets」を明記していただきますようお願いいたします。
(クレジット明記の例)
ブログメディア「BWRITE」がクラウドソーシング「Skets」会員に実施した
調査元:ブログメディア「BWRITE」(アンケート収集元:「Skets」)・・・など

■「BWRITE(ブライト)」とは?
BWRITE(リンク)は、ビューティ・ファッションに特化した国内外の最新マーケティング情報を発信するブログメディアです。新しいアイデアやキャンペーン情報を発信し、ビューティ、ファッションブランドに関わる全ての方、デジタルマーケッターにとって、自社ブランドにとって役立つ情報を取得していただけるブログメディアを目指しています。

■調査アンケート収集元の「Skets(スケッツ)」とは?
Skets(リンク)は、つながりを求める企業とアイデアやスキルを持つ生活者を直接結ぶ「マーケティング特化型」のクラウドソーシングサービスです。企業は、Sketsに登録する約5万名の会員からアンケート調査や、アイデア、スキルなどを募ることができ、従来のマーケティングコストを半分以下に抑えることが可能です。

■運営会社 会社概要
会社名:株式会社ADDIX
代表者:代表取締役 酒井大輔
所在地:東京都港区北青山3-6-23 青山ダイハンビル10階
事業内容:デジタルマーケティング事業
リンク

■ブログメディア「BWRITE(ブライト)」
リンク
■マーケティング特化型クラウドソーシングサービス「Skets(スケッツ)」
リンク

■本件に関するお問い合わせ
【BWRITE・アンケートについてのお問合せ】
BWRITE編集部 編集長 東度(とうど)亜衣
MAIL:bwrite@addix.co.jp

【Sketsについてのお問合せ】
ビジネスプラットフォーム事業部 プロデューサー 田中辰也
MAIL:support@skets.jp

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。