logo

【スマートフォンを活用したコンテンツマーケティング事例】写真共有ソーシャルメディア『Snapeee(スナッピー)』でエンゲージメント率4.15%を実現!

~台湾人向け日本の食文化PR企画「愛食Japan」~

アジア最大級の写真共有ソーシャルメディア『Snapeee(スナッピー)』は、コンテンツマーケティングによるプロモーション企画「愛食Japan」を2015年2月3日~4月30日までの期間限定で実施しております。本企画は、台湾人ユーザーに対する日本の食文化及び日系飲食店のブランディングを目的としており、これまでの結果、エンゲージメント率が最高値5.14%、平均4.15%となっており、インスタグラムの4.21%に匹敵する非常に高い結果となりました。



アジア最大級の写真共有ソーシャルメディア『Snapeee(スナッピー)』(運営:株式会社マインドパレット (以下マインドパレット)、本社:東京都港区、代表取締役:神尾隆昌)は、コンテンツマーケティングによるプロモーション企画「愛食Japan」を2015年2月3日~4月30日までの期間限定で実施しております。本企画は、台湾人ユーザーに対する日本の食文化及び日系飲食店のブランディングを目的としており、これまでの結果、エンゲージメント率(※1)の最高値が5.14%、平均が4.15%(2月~3月配信分人気投稿TOP10の平均値)となり、インスタグラムの4.21%に匹敵する非常に高い結果となりました。

『Snapeee』は、日本独自の文化である「カワイイ」をコンセプトに、ユーザー同士が写真をシェアし、コミュニケーションを図ることができると共に、「ViVi」「with」(講談社)や「CanCam」(小学館)など日本の最新トレンド情報を発信している女の子のためのカワイイプラットフォームです。アジアを中心に1,000万超ユーザーを誇り、うち台湾ユーザーは約150万人(2015年2月末時点)となっています。今回は、積極的に台湾展開を進める「くら寿司」他日系飲食店様にご協賛いただき、マインドパレット台湾拠点が運営する「愛食Japan」公式アカウントにて、Snapeee用に最適化したデコレーション画像を配信し、企業のブランディングプロモーションを展開しています。

<Snapeee内「愛食Japan」公式アカウント>
リンク
[画像: リンク ]



<実施結果>
・フォロワー数:34,334人(2015年3月末時点)
・1投稿あたり最高エンゲージメント率:5.14%
       平均エンゲージメント率:3.80%
・1投稿あたり平均写真閲覧回数:11,167回
       平均写真閲覧UU : 4,503人

※1 エンゲージメント率は、写真閲覧ユニークユーザー数÷プッシュ数にて計算しています。
※ プッシュ数とは、「いいね」や「おいしそう」などのユーザーのリアクション数を表しています。
※ 数値は2015年2月~3月の投稿分をもとに算出しています。


【Facebookの1.5倍以上のエンゲージメント率を実現】
企業のソーシャルメディア活用が進む中、近年最も重要視されている「エンゲージメント率」。2014年Facebookのエンゲージメント率は、1万人~5万人未満のページが1.99%、5万人~10万人未満のページが1.49%となっております(出典:facenavi)。今回の『Snapeee』を活用した「愛食Japan」では、平均エンゲージメント率が3.80%と非常に高い結果となり、ユーザーが日常的に使っているSnapeeeに最適化されたコンテンツを配信し、「日本の食文化」として企業の広告色を排除した見せ方でアプローチすることにより、ブランドロイヤリティーを醸成することができたと言えます。

【コンテンツマーケティングによる企業ブランディングメディア『Snapeee』】
『Snapeee』は、台湾・中国・タイをはじめとするアジアの女性がユーザーの約80%を占めており、アジアのF1層(10代後半~30代前半の女性)へ、企業や商品の認知度及びブランディングの向上を図ることができるスマホメディアとしてご注目いただいております。また、ソーシャルメディアとして日常的に利用されながらも、プレミアムな優良コンテンツを発信しているため、トレンドに敏感な女性達が最新情報を求めて集まってきています。スマートフォンでの情報収集が購買の主流になっている現代、写真を「デコ」り、Snapeeeコンテンツとして最適化された企業・商品情報は、ユーザーである潜在顧客に対し確実にアプローチすることができるとともに、継続的なコミュニケーションにより、質の高いブランディングを形成することが可能です。

 これからも『Snapeee』は、「カワイイでもっと世界をつなげる」ため、日本文化及びJapanブランドの価値をアジアへ発信し、新しい形のマスメディアとして、クライアント企業様のブランディングプロモーションをご支援してまいります。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。