logo

【Clorets スッキリ総研】面白法人カヤックとスッキリ総研がおくるストレス発散装置声で戦う格闘ゲーム「スッキリファイターII」2015年4月23日(木)公開

Clorets スッキリ総研 2015年04月23日 10時00分
From PR TIMES

スッキリ発声学 ~“発声によるスッキリ”を補助するインタラクティブな装置の開発~

Clorets スッキリ総研 「スッキリ学会研究報告会議」
スッキリ発声学~“発声によるスッキリ”を補助するインタラクティブな装置の開発~

面白法人カヤックとスッキリ総研がおくるストレス発散装置
声で戦う格闘ゲーム「スッキリファイターII」

2015年4月23日(木) 公開
リンク



モンデリーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:リアン・カッツ)は、クロレッツの発売30周年を記念して、日本国民の「スッキリ」について調査・研究し発表する総合研究機関「Clorets スッキリ総研」を3月に設立しました。

 また「Clorets スッキリ総研」サイト内のコンテンツの一つである「スッキリ学会研究報告会議」(生活に潜むあらゆる「スッキリ」について、様々な角度から研究に取り組む各専門家がその研究成果を公開発表するコンテンツ)において、2015年4月23日(木)に「スッキリ発声学~“発声によるスッキリ”を補助するインタラクティブな装置の開発~」を発表します。
[画像1: リンク ]

 本報告書では、面白法人カヤックのアートディレクターである佐藤ねじ教授が、「発声によるスッキリ」を追求したゲームコンテンツ「スッキリファイターII」を開発し、日頃からモヤモヤを抱えるハードワーカー会社員を被験者に発声によるスッキリ体験が実現するかを検証しました。

 「スッキリファイターII」は、「声」で操作する画期的な格闘ゲームです。操作方法は、マウスやキーボードを使わずに、前に進むには「スキ」、パンチは「アイシテル」、必殺技は「クロレッツ」など、パソコンに向かって叫ぶことで成立します。「クライアントの意向」や、クライアントからの「鶴の一声」など、日々忙しく働く社会人が直面するモヤモヤしがちな場面に模した“敵”や“仕掛け”を発声により攻略し、ストレスを発散するインタラクティブゲームです。

[画像2: リンク ]



■佐藤ねじ教授プロフィール                      
[画像3: リンク ]

1982年生まれ。面白法人カヤックのアートディレクター。「空いてる土俵」を探すというスタイルで、WEBやアプリ、デバイスの隙間表現を探求。代表作に「貞子3D2 スマ4D」「みらいのこくばんプロジェクト」「しゃべる名刺」「すごいWEB」など。

■「スッキリファイターII」概要
URL: リンク
公開日:2015年4月23日(木)

日頃忙しく、大きな声を出す機会がない社会人におくる、「発声によるスッキリ」を追求した、「声」で操作する格闘ゲームです。前に進むには「スキ」、パンチは「アイシテル」、必殺技は「クロレッツ」など、移動も攻撃も全てパソコンに向かって叫ぶことで成立するインタラクティブゲームです。

■「Clorets スッキリ総研」概要
URL: リンク
Cloretsスッキリ総研所長: クロレッツイメージキャラクター 玉木宏さん
[画像4: リンク ]

息さわやかガム「クロレッツ」は、日本発売30周年を記念して、あらゆる「スッキリ」について調査・研究し、発表する総合研究機関「Cloretsスッキリ総研」を立ち上げました。『日本にはスッキリが必要だ』をスローガンに、「スッキリ」について遊び心溢れる様々な切り口で追及し、日本のみなさんが「スッキリ」した生活を送れるよう、「スッキリ」にまつわる研究結果の報告や提案を行っていくことを目的としています。「Cloretsスッキリ総研」は「スッキリ」にまつわるテーマを中心とした3つの柱【スッキリ国民調査】【諸説スッキリ一本化計画】【スッキリ学会研究報告会議】から構成されています。


≪製品に関する一般消費者からのお問い合わせ先≫
モンデリーズ・ジャパン株式会社 TEL:0120-199561(通話料無料)
クロレッツ ホームページ:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。