logo

テコラス、リスティング広告の自動最適化・運用サービス「ADmatic(アドマチック)」提供開始

テコラス株式会社 2015年04月22日 11時11分
From PR TIMES

- 最新アドテクで煩雑な運用作業をせずに広告効果を最大化 -



インターネット関連事業会社のテコラス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:嶋田 健作)は、リスティング広告の自動最適化と自動運用が可能な広告運用支援サービス「ADmatic(アドマチック)、以下ADmatic」の提供を本日より開始します。

今やインターネット広告は、テレビ広告に次ぐ市場規模となり、その規模は年々増加しています。インターネット広告の中でもリスティング広告を始めとした検索連動型広告はスマートフォンやタブレットの普及により、大きく伸長しています。業界や規模を問わず、効率的な広告展開を行いたいというニーズは増加傾向にあり、広告運用担当者は競合広告に合わせた最適化や運用に多くの課題を抱えています。

この度リリースした「ADmatic」は、効率的な広告展開へのニーズに応えるため、最新のアドテクノロジーと専任スタッフを組み合わせたハイブリッド型の運用を行うことで、煩雑な運用型広告の課題を解決しました。広告担当者は、メインとなるキーワードと対象サイトのURLを用意するだけで、広告タイトルと広告文が生成される上、検索されるワードに応じた最適なキーワードを自動で設定することができます。また、24時間365日の自動運用のため、時間単位でのキーワード変更等、効果を最大化するための細かな修正が可能です。

さらに、マルチデバイスに対応したWebレポート機能により、いつでもどこでも日々の進捗確認が可能です。これにより広告担当者は、効果の高いリスティング広告を簡単に開始・運用することができます。

今年5月には、意外なキーワードからの流入や競合動向、旬なアドトレンドが一目で分かる「セレンディレポート」や自社システムの他データとの集計が可能な「WebAPIレポート」を追加する予定です。また、オムニチャネルを意識したGPS機能との連動等、各種オプションサービスを拡充し、幅広いニーズに柔軟に対応できる広告支援プラットフォームを目指していきます。

■「ADmatic」概要(リンク)
<特長>
・時間単位で細かいチューニングを実現
最新アドテクノロジーが24時間体制で運用を行うため、今まで不可能であった時間単位の細かい運用改善を実現します。

・キーワードとURLの2項目で検索ニーズ抽出
入力された情報を基に、言語検索エンジンにより洗練された「検索ワード」と「広告文」を何百通りも作成します。

・広告タイトルと広告文を自動生成
辞書データベースと統計データを活用して、顧客ニーズにマッチした「検索ワード」と「広告文」を構築します。

・日々の進捗確認ができる管理画面
効果測定のための各種報告書を即時・日次・週次・月次で必要なときに取得できます。

・口座開設や入金作業不要
掲載媒体への入金の口座やアカウントの開設は不要ながら、各社媒体原価は開示されるため安心してご利用いただけます。

<サービスイメージ>
[画像1: リンク ]



<管理画面>

[画像2: リンク ]



<料金体系>


[表: リンク ]


※全て税別表示となります。
※システム利用料金+広告掲載費用=ご請求金額となります。
※各プランの掲載メディア・配信手法等の詳細は、Webサイト内の料金プランからご確認ください。

■テコラス株式会社について(リンク)
所在地 :〒160-0022 東京都新宿区新宿6-27-30 新宿イーストサイドスクエア3階
代表 :代表取締役社長 嶋田 健作
設立 :2007年4月
事業内容:広告支援事業・EC支援事業・データセンター事業・クラウド事業・マネージド 事業・セキュリティ事業

本件に関するお問合せ先
テコラス株式会社 経営支援室
TEL:03-5155-2018  MAIL:co-press@ml.techorus.com

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。