logo

アトックスがアリエル・エンタープライズを採用

次世代情報共有基盤により、ITガバナンス強化を目指す

アリエル・ネットワーク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:原田和人、以下、アリエル)は、株式会社アトックス(本社:東京都港区、代表取締役社長:矢口敏和、以下、アトックス)が、次世代情報共有基盤として、Webコラボレーションウェア「ArielAirOne(R) Enterprise(以下、アリエル・エンタープライズ)」を採用したことを、以下のとおりお知らせいたします。

■□ 業務アプリケーションの集約により、ITガバナンス強化を図る

アトックスでは、ITガバナンスの強化を目指し、統一的なルールの策定やアクセス権限の制御、拠点間のIT格差解消や開発・管理コストの削減などが求められていました。その中で、アリエル・エンタープライズは、新たに出てくる要件に柔軟に対応ができるビジネスアプリケーションのテンプレートが豊富なことや、長期的なコストメリットなどが評価されています。

■□ ポータル、グループウェアと業務アプリケーションを同一基盤で管理

アトックスでは、事業所毎のポータルを構築することでファイルサーバーに埋もれていた業務情報をデータベース化し、質の高い事業所のポータルをテンプレート化して横展開するなど、組織横断的な活用を行う予定です。また、柔軟性・拡張性のある開発機能を利用することで、内部統制におけるワークフローの拡充や業務の効率化を目指します。アリエル・エンタープライズでは、ポータル、グループウェアと業務アプリケーションを同一基盤に構築が可能であるため、ユーザー情報の一元管理やUIの統一などが可能となり、運用におけるメンテナンス負荷やユーザーの教育・習熟コストの低減も期待されています。

■□ 次世代情報共有基盤により、業務・運用スピードの向上を実現

アリエル・エンタープライズでは、スケジュールや掲示板、電子会議室といったアプリの横断検索や、Word、Excel、PowerPoint、PDFなどのファイルデータも検索が可能となります。そのため、アトックスでは、情報の取得スピードが向上し、業務の効率化を実現しています。また、運用面では、サポートサイト「QUICK」を利用し、アリエルの開発エンジニアやコンサルタントと直にやりとりを行いながら、少人数での効率的な運用を可能としていきます。担当者は「質問を投げた時の反応が良い。きちんと我々のことを考えてくれている」と語ります。さらに、同社では、スマートデバイスでの利用も視野に入れており、iPhoneを試験的に導入。BCP強化とビジネススピードの向上を図る予定です。
アリエルでは、今後も企業のITガバナンス強化を支援するビジネスソリューションを提供してまいります。

以上

■ ArielAirOne(R) Enterpriseとは

アリエル・エンタープライズは、標準アプリケーションであるグループウェア・企業情報ポータル(EIP)の提供と、事業やビジネスモデルに応じた企業独自のアプリケーション開発を可能とするフレームワークを提供。拡張性・柔軟性の高い情報共有環境の構築とともに、大規模組織で扱われる様々な情報のシームレスなデータ連携と高度なセキュリティによる集中的な管理を実現するWebコラボレーションウェアです。集約された情報を全社や部門のみならず、個人に最適化して表示することで、必要な情報へのアクセスを容易にし、ビジネス活動に結びつけるための行動支援と業務効率の大幅な向上を実現します。
リンク

■ 株式会社アトックスについて
リンク

■ アリエル・ネットワーク株式会社について
2001年4月11日設立。グリッドなどの分散コンピューティング技術に着眼、分散コンピューティング環境開発基盤を自社開発するとともに、大規模組織向けWebコラボレーションウェアを開発・販売。大手企業・官公庁・教育機関などのワークスタイル変革・コラボレーション促進・コミュニケーションの改善・ビジネス力の向上に貢献しています。

【会社概要】

[表: リンク ]



《 製品に関するお問い合わせ先 》
アリエル・ネットワーク株式会社
担当 : 営業本部
TEL : 03-5777-5562

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。