logo

暗号化や帯域制御など大幅な機能強化を実現 データベース災害対策ソフトウェア「Standby Express」の最新版を発表

株式会社ワイ・ディ・シー(本社:東京都府中市、代表取締役社長 三奈木 輝良、以下YDC)は、データベース災害対策ソフトウェア「Standby Express」の最新バージョン「Sandby Express Ver.5」を開発、本日より出荷を開始します。今回新たにデータの暗号化や帯域制御機能をサポートするなど大幅な機能強化を図りました。Standby Expressは、現在約400システムの導入実績があります。

Standby Express は、本番稼働しているデータベースの内容を、別に用意した予備のデータベース(スタンバイデータベース)に定周期でデータの差分をバックアップする製品です。万一の時はボタン1つでスタンバイデータベースが本番使用可能な状態に数分で切り替わります。高価なバックアップ用のソフトウェアやハードウェアは必要とせず、低コストでRTO(目標復旧時間)とRPO(目標復旧時点)を極小化することができます。Standby Expressは、現在約400システムの導入実績があります。

昨今、クラウドサービスなどインターネット環境を利用してデータバックアップや災害対策、データ移行を行うユーザが急増しています。今回の新バージョンでは、本番機からスタンバイ機へ転送するデータの「暗号化機能」と「帯域制御機能」をサポートしました。これによりデータをより安全に、かつ効率的に転送することが可能になりました。このほか、「遅延適用」と呼ぶ機能をサポート。万一、本番機のデータを削除するオペレーションミスが発生した場合でも、スタンバイ機には削除前のデータを一定期間残す設定が可能です。また、同期や切替え等のタイミングでユーザ任意のプログラムを実行することが可能になりました。例えば、データベースだけでなく、テキストやイメージ、office文書などもユーザ作成のプログラムで同期するなど、利便性が一段と向上しました。

YDCでは今後も代理店販売を強化するなど積極的な活動を展開する方針で、初年度200システムの販売を見込んでいます。

■「Standby Express」の主な特長
1.暗号化によるセキュリティの確保とネットワークの効率的な利用を実現
新バージョンでは新世代の業界標準暗号化方式であるAESを採用し、セキュリティ機能の向上を図りました。また、これまでのデータ圧縮機能に加えて、今回新たに帯域制御機能をサポート。これにより、ネットワークを利用する他のシステムへの影響を軽減し、ネットワークの効率的な利用を実現することができます。

2.オペレーションミスによるデータ削除にも対応
新バージョンでは遅延適用機能によって、万一、顧客データを削除するといったオペレーションミスが発生した場合でも、スタンバイ機側の削除前のデータを使用して業務を継続することができます。遅延適用の間隔は自由に設定・変更することができます。

3.ユーザ任意のプログラムを実行できます
データベースの転送や、切り替えなどのタイミングで、事前に用意したユーザ任意のプログラムを実行できるようにしました。例えば、データベースだけでなく、テキストやイメージ、office文書などもユーザ作成のプログラムで同期するなど、ユーザ個別のシステムに合わせた災害対策、バックアップ環境の構築が可能です。

4.少ないダウンタイムでデータベースの移行が可能
システムを利用しながらデータベースの移行が行え、システムの切替えに伴うダウンタイム(停止時間)をわずかな時間に抑えることができます。このためシステムを自社で管理・運用するオンプレミスからクラウドへの移行にも最適です。

※「Standby Express」の詳細については下記Webサイトをご覧ください。
リンク 

■動作環境
 ・対応データベース:
-SQL Server 2008 以降、Datacenter Edition / Enterprise Edition / Business Intelligence /Standard Edition / Web Edition / Workgroup Edition
-Oracle10.2.0.1以降(ASM / RAC対応)、Enterprise Edition/Standard Edition/Standard Edition One
 ・対応OS:
  -Windows / Linux / Solaris
■価格
 110万円~

<株式会社ワイ・ディ・シーについて>
YDC は1972 年創立のシステムインテグレータです。横河電機グループのIT専門企業として、会計や生産管理などの基幹系業務システム、SOA基盤構築のための企業間、企業内データ・業務連携サービス、製造業に特化した品質解析や電気系CADなどのシステムソリューション事業で豊富な実績があります。YDCに関する詳しい情報は、リンクをご覧ください。

<本ソフトウェアに関するお客様からのお問合わせ先>
株式会社ワイ・ディ・シー SOAソリューション事業本部SOA営業部 
TEL:042-333-6217      E-mail:advocacy-sales@ydc.co.jp
<本発表に関する報道関係者様からのお問合わせ先>
株式会社ワイ・ディ・シー 経営企画本部マーケティンググループ 
TEL:042-352-6111      E-mail:sc_ydc_gr@ydc.co.jp

※Sandby Expressは株式会社ワイ・ディ・シーの登録商標です。
※OracleおよびOracle Databaseは、Oracle Corporation、またはその子会社の登録商標です。
※その他の製品名、会社名は各社の登録商標または商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。