logo

株式会社ロックオン、アドエビスのブランドコンセプトを「広告効果測定システム」から「マーケティングプラットフォーム」に刷新。測定データを活用するマーケティングプラットフォームの実現へ。

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田進、以下ロックオン)は、「広告効果測定システム」アドエビスのブランドコンセプトを「マーケティングプラットフォーム」へと刷新することを2015年4月21日に発表いたします。


■本プレスリリースの背景
昨今、インターネットマーケティングは、従来型広告(リスティング広告)等の顕在層向け広告の競争激化を受け、潜在層向け広告のソーシャルメディアやコンテンツマーケティングへシフトするなど、急速に高度化、多様化しています。ロックオンではこの流れに対応するため、蓄積データを活用して、リスティング広告運用プラットフォーム「THREe(スリー)」や、プライベートDMPソリューションを提供(※1)する等、一気通貫したマーケティング統合環境の開発を進めてまいりました。
このような背景の中、この度ロックオンは、今後更にインターネットマーケティングのニーズの高度化、多様化が進むことを見越し、今まで自社で培った技術を結集するのみならず、積極的な他社サービス連携によるマーケティング統合環境の提供を推し進めるため、アドエビスを「マーケティングプラットフォーム」へとブランドチェンジするに至りました。
アドエビスは、2004年のリリース以降、広告効果測定”AD EBiS”、サイト内導線分析”LOG EBiS”、ランディングページ効果測定”LPO EBiS”、自然検索の効果測定”SEO EBiS”、タグマネジメントシステム”TAG EBiS”、第三者広告配信"ViewThru EBiS”、スマホアプリの効果測定”アプリEBiS”、などインターネット広告の各時代ニーズをとらえたサービスを提供し、その結果、国内No.1広告効果測定システム(※2)として評価をいただいております。


■本サービスの概要
「マーケティングプラットフォーム アドエビス」は広告効果測定システムを中心とした「測定」機能と、そこで蓄積されたマーケティングデータを「活用」する機能の大きく2機能に分かれ、今後はそれぞれ他社との積極的な連携により、機能を拡張してまいります。
初期段階において「測定」機能では、株式会社エム・データのTVメタデータとの連携(※3)やアタラ合同会社の 運用型広告レポート作成支援システム「glu」との連携(※4)が既に完了しており、今後は、オープン型DMPや各種BIツール、ダッシュボード等との連携を充実させていく計画です。
「活用」機能では、ロックオンが自社提供するリスティング広告運用プラットフォーム「THREe」との連携は既に完了しており、今後、DSPサービスやメールサービス、アンケートサービス等、幅広いマーケティングベンダーとの連携を計画しています。

ロックオンは、引き続き、国内企業のマーケティング効果最大化実現のため、本マーケティングプラットフォームの開発と提供に尽力してまいります。


参考画像(マーケティングプラットフォーム アドエビス サービス概要図)
■関連サイトURL
マーケティングプラットフォーム「アドエビス」:リンク

■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL:リンク

■本件に関するお問い合せ先
株式会社ロックオン 広報担当:梶原
E-mail:support@ebis.ne.jp
TEL:06-4795-7500

※1 アドエビスプライベートDMP提供事例(リンク
※2 株式会社シード・プランニングによる「広告効果測定ツール市場調査」調べ
※3 3rdPartyデータ連携事例 TVメタデータ(リンク)連携(リンク
※4 レポート作成ツール連携事例 アタラ合同会社 glu(リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。