logo

デジタルハリウッドとUUUMが業務提携-次世代の動画クリエイターの育成支援、様々な育成プログラムを展開

IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、UUUM(ウーム)株式会社と提携し、次世代の動画クリエイターに向けて様々なプログラムを展開していくこととなりました。



 IT関連及びデジタルコンテンツの人材養成スクール・大学・大学院を運営するデジタルハリウッド株式会社は、このたびUUUM(ウーム)株式会社と提携し、次世代の動画クリエイターに向けて様々なプログラムを展開していきます。

 UUUMは、HIKAKIN、佐々木あさひ、はじめしゃちょー、瀬戸弘司などのTOP YouTuberと呼ばれるクリエイターのマネジメントのノウハウを基盤に、これまで様々な企業様とのタイアップ、媒体への出演、グッズ制作、動画制作についてのサポートにより様々なコンテンツを世の中に発信している企業です。

 昨年12月には新たなスターを生み出す取り組みとしてUUUMネットワークを開始。第一弾としてUUUMネットワークのクリエイター1000人を募集し、審査をクリアしたクリエイターに対してはクリエイターポータルを通じて、動画投稿のためのチュートリアル、素材の提供、仕事の提供など、より良いコンテンツを継続的に投稿していくための支援をしております。

 月に10,000本を超えるコンテンツの発信ができるようになり今後もオンライン上で活躍の場を求めるクリエイター、タレントをさらに積極的に支援していきたいとUUUMと、UUUMが持つYouTubeクリエイター育成プログラムやクリエイターポータルを活用し、クリエイターの新たな表現の場として、7万人超の卒業生と在校生に対して自身の作品やポートフォリオ等を見せるための手段としてYouTubeの活用を積極的に推進していきたいデジタルハリウッドの思惑が一致し、今回の業務提携に至りました。

[画像1: リンク ]



 当面の取り組みとして、具体的には以下の4点を想定しております。

1.デジタルハリウッドが提供している「ネット動画クリエイター専攻」において、UUUMが持つ様々なノウハウの提供やオンライン講座を行っていきます。
(ネット動画クリエイター専攻:リンク

2.デジタルハリウッドの在校生または卒業生に向けて、UUUMが持つYouTubeクリエイター育成プログラムやクリエイターポータルを開放していきます。

3.本取り組みを通じてデジタルハリウッドのクリエイターに対して、UUUMが持つクライアントからの動画制作案件を提供します。また、デジタルハリウッドが運営する「Smart Work(スマートワーク)」を通じてUUUMクリエイターへプロモーション案件を提供します。

4.UUUMが抱えるクリエイターに対して、デジタルハリウッドの教材を斡旋し、優先プログラムを提供していきます。またデジタルハリウッドは本プログラムを受講したUUUMクリエイターに対しAdobeクリエイティブクラウド(アカデミック版)を特別価格で提供します。

[画像2: リンク ]



●UUUMについて (URL: リンク)
UUUMは2013年に業界初のユーチューバーマネジメント企業として設立。HIKAKIN、瀬戸弘司、佐々木あさひなど、トップクラスのYouTuberをマネジメントしています。現在、その活動は幅・深さ共に広がり、アンファー、「チャリ走」など、テレビCMのプロデュース、Yahoo!JAPAN、Google Playを始めとした大手企業との新たな取組み、マスメディアとのコラボ、YouTuberイベントの企画・運営など、動画のアウトプットを軸に、YouTubeでの活動にとどまらずメディアという分野から活動範囲を広げています。

●デジタルハリウッド株式会社について(URL:リンク
1994年、日本初の実践的産学協同のクリエイター養成スクールを設立。
現在、東京(御茶ノ水)、渋谷、大阪、福岡で4校の専門スクールと、eラーニングによる通信講座を展開し、設立以来、7万人以上の卒業生を輩出。
2004年には、日本初、株式会社による「デジタルハリウッド大学院(専門職)」、その後、「デジタルハリウッド大学」を開学。2012年、ライフスタイルに合わせて好きな時間に学べるラーニングスタジオ「デジタルハリウッドSTUDIO」を新宿にオープン。その後地方都市へ展開中。
またアジアへの展開も注力し、タイに「デジタルハリウッド バンコク校」を開校。
国内外におけるデジタルコンテンツ業界の人材育成と、産業インキュベーションに力を注ぐ。
2014年10月に設立20周年を迎えた。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。