logo

難読漢字の「読み引き機能」を追加した日本語入力ソフト「mazec」のアップデート版を提供開始

iOS8.3における動作不具合も解消

2015年4月20日
株式会社MetaMoJi

お知らせ

MetaMoJiが、難読漢字の「読み引き機能」を追加した日本語入力ソフト「mazec」のアップデート版を提供開始
~iOS8.3における動作不具合も解消~

株式会社MetaMoJi(本社:東京都港区、代表取締役社長:浮川 和宣)は、2015年4月17日より、iOS 8用手書き日本語変換入力「mazec(マゼック) for iOS」のアップデート版を提供開始しました。iOS 8が動作する全てのiPhone、iPod touch、iPadでお使いいただけます。

今回のアップデートでは、難読漢字の読みを調べる「読み引き機能」が新たに搭載されました。「三和土」(たたき)、「五月雨」(さみだれ、さつきあめ)、「独逸」(ドイツ)等、読むのが難しい漢字が入力された際に、候補の末尾に表示されるようになりました。さらに、mazecの候補文字サイズを3段階で変更できるようにし、大きな文字で見やすくしたり、小さな文字でより多くの候補文字の表示をすることが可能になりました。

本アップデートでは、iOS8.3で起きた動作不具合も解消し、最新の環境で安心してお使いいただけるようになっています。

【mazec for iOS概要】
「mazec for iOS」は、これまで主に手書き入力で使われていたiPadのみならず、iPhoneでもスラスラ入力していただくことを想定して、iPhone用の操作画面では、片手での入力に最適化しています。日本語手書き入力変換「mazec」は、特別な訓練をすることなく、すぐに利用いただけます。

※さらに詳しい情報は、製品サイト(リンク)をご覧ください。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。