logo

日本初の生鮮・惣菜・食品ID-POSデータ分析サービス realshopper SM、新機能のご提供を開始

株式会社ショッパーインサイト 2015年04月16日 13時00分
From PR TIMES

食品購買履歴ビッグデータを分析するASPサービスに、大幅な分析機能を追加搭載した新バージョンのご提供を開始いたします。

加工食品に加えて日本で初めて*1野菜や魚、肉などの生鮮食品、惣菜も含めた400万ID以上の会員の食品全体の購買履歴データを分析できるマーケティングデータサービスに、多数の分析機能を追加。ID-POSデータ分析がより深く、より有用なものになります。

株式会社ショッパーインサイト(本社:東京都港区、代表取締役社長:石川 茂樹、以下 ショッパーインサイト)は、ID-POS分析システム「realshopper SM」を昨年12月にクラウド上で刷新して以降、さらなる機能の強化に取り組んでまいりましたが、このたび大幅な分析機能を追加実装し、Ver 2.2としてリリースしましたことを発表します。
realshopper SMは、食品スーパーから取得したID-POSデータをブラウザ経由で分析することができるASPサービスです。搭載されているID-POSデータは、加工食品に加えて日本で初めて*1野菜や魚、肉などの生鮮食品、惣菜も含めた食品全体の売上データを、400万ID以上の会員の購買履歴として分析できるユニークなデータとなっております。
昨年12月にrealshopper SM ver2.1をリリースし、食品のマーケティングに携わる各方面からマニュアルなしでも操作できる使いやすさと、分析の速さ、全食品を分析対象にできる分析視野の広さに高くご評価をいただいております。
この度リリースいたしますrealshopper SM ver2.2では、搭載する分析機能軸を大幅に増加させました。さらに、きめ細かな分析を行える新機能も搭載しております。
多様な分析視点をご提供することを通じて、ご利用者様に新たなID-POSデータ分析の価値を発見していただき、データ分析の価値向上につながるよう引き続き分析手法の開発を行ってまいります。

≪realshopper SM ver.2.2 新機能の概要≫

■分析機能を担うアプリを大幅に追加
realshopper SMでは分析機能それぞれをアプリと呼んでおります。今回のver2.2では、商品分析、顧客分析の双方で多数の分析アプリを新規開発しました。
〇例1
商品分析アプリの一例では、最適な価格を探索できる分析軸を追加いたしました。マーケティングにおいて商品の販売価格は非常に重要な要因となります。単に価格別の売上を集計することはもちろん、販売日数や販売店舗数の影響を加味した分析や、定番価格に対する値引き額・値引き率での売上変化を分析でき、“価格の影響”について詳細分析を行うことができます。
〇例2
顧客分析アプリの一例では、時間変化にともなう顧客のロイヤルティの変化を測定できる分析軸などを開発し、マーケティングの実務者が知りたかった情報が入手できるようになりました。
〇その他
詳細な分析を行う前に概要をつかみたいというニーズも大きなものです。
・分析対象の商品について複数視点から売上状況
・分析対象の商品が含まれるバスケット
・分析対象商品購入者の質
などを総合的に判断できるアプリなど、幅広い分析をご提供できるようになりました。

■分析ごとに必要なグルーピングをユーザーが行える「ユーザーマスター機能」を新搭載
分析を行うたびに分析目的は異なり、それに応じて分析対象商品の分類や分析対象会員の分類を作り変えたいというニーズがあります。また、自社商品のヘビーユーザーだけに絞り込んで分析を行う、など特定の会員に絞り込んだ分析に対するニーズも非常に高いものがあります。
ver2.2では分析を行う都度、お手元のPCで商品と会員の両方に分析者が自由に分類情報を付与することがでる「ユーザーマスター機能」を新たに搭載しました。
「ユーザーマスター機能」により、分析対象データを絞り込んだり、集計粒度を必要なものにするなどのきめ細かな分析が可能になりますので、「出したかった分析結果」を入手することができるようになります。

リンク
*1 2013年9月現在株式会社アイディーズ調べ

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。