logo

SNSで友達にシェアしたり、Tシャツ等のアイテムにプリントして、自分のランニングライフをユニークに表現できる、全く新しいランニングアプリ「RunGraph(ラングラフ)」(商標登録出願中)登場。

これからは、自分のランニングデータは自分らしくビジュアライズして楽しもう!

株式会社フロンテッジ(東京都港区西新橋1-18-17明産西新橋ビル)(*1)とWOW(東京都渋谷区神南1-14-3)(*2)は、現在急増中の国内約1,000万人といわれるランニングファンや自転車等のツーリングファンを対象に、走行ログデータを、コースの性格やパフォーマンスを指標とし独自のグラフィックデザインで可視化するRunGraphシステムとiPhoneアプリを共同開発いたしました。



[画像1: リンク ]

RunGraphシステムとは。 リンク
自身の走行記録ログデータ(GPSデータ×ポイント通過時間)と標高データを指標とし独自のグラフィックデザインにカスタマイズし、スマートフォンに保存できるシステムです。
そのグラフィックデザインを仲間とSNSを通じてシェアすることで、ランニングやツーリングファン同士のコミュニケーションをさらに楽しいものにしてくれます。

[画像2: リンク ]


サービス開始は本日4月15日(水曜)から、Tシャツ販売も併せて開始。
RunGraphシステムは、まずはiPhoneの無料アプリでお楽しみいただけます。iTunes Storeにて本日4月15日より配信開始します。初年度(2016年3月31日まで)は10万ダウンロードを目標にプロモーションしていく予定です。また、RunGraphアプリで計測、可視化された自身のランニングの軌跡をそのままアプリからTシャツ(*3)にレイアウトしてプリント購入(有料:イメージ・マジック社(*4))できるサービスも同時スタート。世の中にオンリーワンのランニング記念Tシャツを簡単に作ることができます。ランニングやツーリングファンだけでなく、トレッキング、旅行者にも楽しんでいただけるアプリです。
[画像3: リンク ]


今後個人ユースからビジネスユースへ拡大。
アプリを使用した個人的な楽しみから、アプリ内広告、さらには全国各地で開催されている大小様々なマラソン大会やロードレースイベントの大会主催者やスポンサーとのRunGraphシステムのカスタマイズ連携によって、大会へのオフィシャルTシャツやノベルティTシャツ化が可能です。

RunGraphシステムの今後。
iPhoneアプリ及びTシャツの販売からスタートいたしますが、将来的にはPCなどの端末に依存することなく使えるシステムへ。プリントアイテムもTシャツの他、スポーツバッグやタオル、スマホカバーなどに拡大していく予定です。

ビジネス関係者様向け無料体験会のお知らせ。
4月22日(水曜日)16:00~18:00 (場所:フロンテッジ)に、先着10名様の企業やメディア関係者様向け第一回体験会を開催いたします。

[画像4: リンク ]


システムのご説明(約30分)、徒歩移動(約20分)、アプリからTシャツオーダー(約15分)。
(Tシャツは後日無料お届け)
ご参加お申込みは、下記メールよりお願いいたします。
(予定人員達成次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。)
メールアドレス:business@run-graph.com

*1(株式会社フロンテッジ)株主:ソニー株式会社60%、株式会社電通40%。 業種:広告代理業
             代表取締役社長:岡田 徹
*2(wow) 東京と仙台、ロンドンに拠点を置くビジュアルデザインスタジオ。
            既存のメディアやカテゴリーにとらわれない、幅広いデザインワークを展開している。
             代表取締役:高橋 裕士
*3ドライTシャツ(XS,S,M,L,XL)、コットンTシャツ(S,M,L,XL)とも1枚3980円(税別、送料別)。
*4(株式会社イメージ・マジック) 事業内容:オリジナルプリントグッズの製造販売。
            各種パートナー様向けWEB to PRINT プラットフォームの提供。
             代表取締役:山川 誠
             




プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。