logo

「母親とLINE友達」96.2%、一緒にいる時の楽しさ「友達と同等以上」が52.4%/母親になりたい割合は3年連続減少傾向、希望年齢は平均24.2歳/理想の母親は木下優樹菜さんが2年連続で第1位

女子高生・女子大生を対象とした「母娘関係に関する意識調査」

 フリュー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:田坂吉朗 以下、フリュー)が運営する女子高生・女子大生の動向調査・研究機関『GIRLS’TREND(ガールズトレンド) 研究所』は、2015年3月に「母娘関係に関する意識調査」を実施しました(サンプル数:227)。調査対象はいずれも、フリューが運営する、プリントシール機で撮影した画像を取得・閲覧できるサービス「ピクトリンク」の会員の女子高生・女子大生※です。調査結果を以下のとおり発表いたします。



◆TREND1. 「母親とLINE友達」96.2%、一緒にいる時の楽しさ「友達と同等以上」が52.4%
 女子高生・女子大生はソーシャルネットワーキングサービス(SNS)を日々利用しており、特にLINEは本調査においても利用者が93.8%と、非常に身近なツールです。ゆえに「母親と友達になっているSNS」はLINEが96.2%で断トツの1位、連絡手段としてもLINEのトークを最も活用しています。母娘の関係性については「仲が良い」傾向を回答した割合が全体の91.6%で、父親に比べ25ポイント多い結果となりました。さらに、仲の良さを友達と比較し、どちらと一緒にいるときが楽しいか聞いたところ、「同じくらい」(39.6%)が第1位に。母親に対する好感度は友達相当に高いようです。
[画像1: リンク ]

*回答者が利用しているSNS
[画像2: リンク ]

*母親および父親との仲の良さ

[画像3: リンク ]



◆TREND2. 母親になりたい割合は3年連続減少傾向、希望年齢は平均24.2歳
 将来母親になりたい(出産したい)か調査したところ、72.9%が「なりたい」、11.6%が「どちらかと言えばなりたい」と回答しました。しかし母親願望は高いものの、その割合は3年連続で減少する結果に。一方、母親になりたい年齢については平均24.2歳で、3年前と比べてほぼ横ばい状態。出産年齢の上昇傾向が見られる現在においても、彼女達の理想はまだ揺らいでいないようです。
*母親になりたいかどうか
[画像4: リンク ]

*母親になりたい年齢
[画像5: リンク ]



◆TREND3. 理想の母親は木下優樹菜さんが2年連続で第1位
 理想の母親を芸能人に例えると?第1位はモデル・タレントの木下優樹菜さんでした。木下さんは前々回(2013年3月調査)では2位、前回(2014年4月調査)では1位にランクインしており、理想の母親として根強く支持を受けています。SNSで発信されるご自身のファッション、家族や育児の様子が、さらなる好感を集めているのかもしれません。

*理想の母親を芸能人に例えると?
[画像6: リンク ]



※高専生、専門学校生、短大生を含む

* 調査結果の続きはこちらでご覧いただけます
リンク

*公開データの引用・転載の際は、
“フリュー株式会社「GIRLS'TREND 研究所」調べ”と明記いただけますようお願い申し上げます。

◆ 調査概要
調査期間  :  2015年3月13日(金) ~ 3月29(日)
調査方法  : インターネットアンケート
調査対象  : プリントシール画像共有サイト「ピクトリンク」会員の女子高校生、女子大学生等
(高専生、専門学校生、短大生を含む)
有効回答数: 227サンプル


*『GIRLS'TREND 研究所』とは?
[画像7: リンク ]



プリントシール機市場でシェア67% ※を占めるフリュー(株)における調査・研究機関。主な調査対象は、女子高生・女子大生。『GIRLS‘TREND 研究所』ではこの調査の一部をニュースレターとして情報発信中。 ※2013年夏 フリュー(株)調べ


【「ピクトリンク」とは 】
フリューのプリントシール機で撮影した画像を、フィーチャーフォン・スマートフォンにて取得・閲覧できるサービス。2015年4月時点で会員数が1000万人を突破。アプリ版ではSNS機能を備えており、画像データを整理してアルバムを作成し、フォロワーとの共有が可能。
[ 料金 ] 会員登録無料 ※有料会員・・・月額324円(税込)
[ 対応OS ] サイト:iOS6.0以降、AndroidTM2.3以降の端末/アプリ:iOS7.0以降、Android4.0以降の端末
[ 配信開始日 ] 好評配信中
[ URL ]  サイト: リンク
     アプリ: iPhone版  リンク
          Android版 リンク
[ 著作権表記 ] (C)FURYU

【フリュー株式会社 会社概要】
2007年4月にオムロングループからマネジメントバイアウト(MBO)によって独立したエンタテインメント分野の独立系企業。これまでプリントシール機事業、プライズ事業、モバイル事業、家庭用ゲームソフト事業などのエンタテインメント事業に参入し、着実に成長してきた。2012年4月には、株式会社ウィーヴの全株式を取得し、フリューグループとして新たにパートワーク事業、アニメ事業、版権管理事業、書籍出版事業の4事業が加わり、総合エンタテインメント企業として、その活動領域を拡大中。
*「GIRLS'TREND 研究所」は、フリュー発行の雑誌「GIRLS'TREND」とも連動しながら、女子の流行情報を発信します。


※『GIRLS‘TREND 研究所』および『GIRLS’TREND 研究所』ロゴは、フリュー株式会社の商標または登録商標です。
※ Androidは、Google Inc.の商標または登録商標です。
※ iOSは、Apple Inc.の商標です。
※ その他の会社名、製品名、サービス名等は、それぞれ各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。