logo

「すらら」を活用した反転授業実施校で成果計測した4校中全てで成績向上

株式会社 すららネット 2015年04月14日 11時00分
From PR TIMES

“教育のゲーミフィケーション”を具現化!クラウド型学習システム「すらら」

株式会社すららネット(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:湯野川孝彦)が展開するクラウド型学習システム「すらら」を活用し反転授業を実施している学校において、成果計測したところ4校中全てで成績の向上が見られたことをお知らせします。



[画像: リンク ]



※反転授業とは、従来、教室で一律講義していた内容を自宅でオンライン学習教材などを使って事前学習し、教室では講義の代わりに、学んだ知識の確認や応用的な問題に取り組み、生徒同士で協働学習などを行う形態の授業。

今回、「すらら」を活用した反転授業を実施している学校のうち、下記4校で成果計測した結果、全ての学校で成績が向上していることが分かりました。

【各校の成績計測結果】 ※各校の反転授業実施内容詳細は次ページを参照

■函館白百合学園中学高等学校(所在地:北海道函館市)
○成績向上成果:2014年5月と10月に実施したベネッセの進研模試において、ベネッセの学力指標 学力到達度ゾーンにおけるクラス学力平均がC1(目安偏差値42.9~44.8)からB3(目安偏差値44.9~49.6)に向上
○実施期間:2014年8月~現在
○対象学年クラス:高校1年生看護医療系コース 30名  
○教科:英語

■東京立正中学校・高等学校(所在地:東京都杉並区)
○成績向上成果:2014年7月と11月に実施したベネッセの進研模試において、コース平均偏差値が48.8から49.8に向上。昨対比では、2.8ポイント上昇。
○実施期間:2014年5月~現在
○対象学年クラス:高校1年生アドバンストコース 30名  
○教科:英語

■広陵高等学校(所在地:広島県広島市)
○成績向上成果:2015年1月、ベネッセの進研模試のコース平均偏差値において、過去5年間で最高の値を獲得。2013年までの平均と比べ、2.9ポイント上昇
○実施期間:2014年5月~現在
○対象学年クラス:高校1年生I類(特進コース)・2クラス 55名  
○教科:数学

■福島県の「私立高等学校」(学校名非公表)
○成績向上成果:2014年7月と11月にそれぞれ実施したベネッセの進研模試において、コース平均偏差値が48.2から49.7に向上。
○実施期間:2014年9月~現在
○対象学年クラス:高校2年生特進コース 55名  
○教科:数学

クラウド型学習システム「すらら」は、「生徒の自立学習支援」と「先生による学習状況の把握」という特長を持つことから、各学校における反転授業の教材として使われつつあります。

「すらら」は、学校の授業を受けていない生徒でもアニメキャラクターによるインタラクティブな学習で楽しく理解が進み、初めて学ぶ単元でも家庭での自学自習を可能とするため、「反転授業」の家庭学習教材として活用することが出来ます。また、先生は管理画面で生徒の学習進捗や理解の度合いをいつでも確認できるため、家庭学習を終えていない生徒に事前に学習を促したり、生徒の理解度を把握した上で授業設計をしたりということが可能となります。

その結果、家庭で十分な予習をすることで授業時間を有効活用でき、多くの学校で学力向上が実現できました。

すららネットでは、今後も、教育に携わる企業として、利用者の皆様の学習をサポートできるよう、教材・企画の開発に力を注いでいきたい、と考えております。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。