logo

動画学習サービス「schoo(スクー)」が一流クリエイター陣によるマンツーマン授業を開講

株式会社schoo 2015年04月08日 10時00分
From PR TIMES

手島領氏や馬場静樹氏などにデザイン作品をレビューしてもらえるキャンペーンを開始

インターネット生放送を活用したコミュニケーション型動画学習サービス「schoo(スクー) WEB-campus」を運営する株式会社スクー(本社:東京都渋谷区、代表取締役:森健志郎、以下スクー)は、同社のデザイン学部授業の受講回数が30万回を突破したことを記念し、一流クリエイターによるデザイン作品レビュー権が当たるキャンペーンを2015年4月8日(水)より開始する。



[画像1: リンク ]



■ スクー初の「マンツーマン」授業 – 利用者のデザイン作品をWEB教室で個人指導

今回発表したキャンペーンは同社のプレミアム会員に向けたもので、友人などをスクーに招待し、そのユーザーがスクーのいずれかの学部に所属することでエントリーが可能。マンツーマンの授業は同社の「WEB教室」の仕組みを利用するため、遠隔からでも参加することができる。

講師となるのは、螢光TOKYO Inc.クリエイティブディレクターの手島領氏や、WebDesigning編集長の馬場静樹氏など、メディアで活躍中の人気クリエイターや、デザイナーのイシジマミキ氏や小太刀御禄氏などスクーで人気の講師で、キャンペーンの抽選に当選したユーザーは、自身のデザイン作品を、希望した先生にマンツーマンでレビューしてもらうことが可能。

【スクー デザイン学部招待キャンペーンURL】
リンク
[画像2: リンク ]



これまで学習コンテンツをオンライン上で無料開放してきた同社が、制限された一部のユーザーのためだけに授業を開講するのは初の試みで、同キャンペーンでは「作品レビュー権」のほか、「スクーグッズ」や、録画授業を無料で受講することができる「チケット」など、会員のステータスに合わせた特典が配布される予定。

[画像3: リンク ]



スクーの「デザイン学部」には現在約15,000人のユーザーが所属しており、これまでに開講された授業数は約400本。デザイン学部の立ち上げから約半年で、利用者による受講回数が通算30万回を突破したことを記念して、今回のキャンペーンが企画された。


■ クリエイティブディレクター 手島領氏をはじめとする、一流クリエイター陣が登壇

今回利用者のデザイン作品をレビューするのは、クリエイターの手島領氏、Webクリエイティブのための国内初の専門誌「WebDesigning」編集長の馬場静樹氏、またデザイナーで、同社の人気講師として授業を担当しているイシジマミキ氏、小太刀御禄氏。

[画像4: リンク ]



それぞれの先生による「作品レビュー権」の日時はあらかじめ決まっており、利用者はレビューを受けたい先生を選んで応募することができる。エントリー期間は2015年4月8日(水)~ 4月21日(火)となっており、レビューしてもらいたいデザイン作品を4月30日(木)までに campaign@schoo.jp 宛に送付する。

※友人などの紹介による先生の「作品レビュー権」へのエントリーは、スクーの「プレミアム会員」かつ「デザイン学部」に所属していることが条件となります


[画像5: リンク ]



スクーでは2015年4月より「WEBデザイナー学部」を「デザイン学部」と名称変更しており、今後はWEBでのデザインにとどまらず、デザインやイラスト、グラフィックデザインなど、基礎から応用まで広くデザインを学びたいユーザーに対して、学習コンテンツを提供する予定。

【スクー デザイン学部】リンク


■ レビュー予定の先生プロフィール

手島 領 氏(螢光TOKYO Inc. クリエイティブディレクター)
多摩美術大学グラフィックデザイン科卒。博報堂を経て「螢光TOKYO」設立。CMやグラフィックキャンペーンの制作をベースに、アートディレクターとしてロゴやパッケージ、装丁、CDのアートワーク、グッズやキャラクターのデザイン、ミュージックビデオやショートフィルム演出など幅広く活動中。昨年は東京デザイナーズウィーク、ミラノサローネなどに作品を連続発表。今年は自社開発のギフトブランド「MeNECO KYOTO(メネコ京都)」をスタートさせる。

馬場 静樹 氏(雑誌『Web Designing』編集長)
株式会社毎日コミュニケーションズ(現 株式会社マイナビ)入社。1994年2月より出版事業本部にて雑誌編集の仕事に携わる。各編集部を経て、2001年5月、Webクリエイティブのための国内初の専門誌『Web Designing』を創刊。以来、同誌編集長として雑誌・書籍の編集のほか、Web制作業界・関係者に向けたセミナーやイベントを手掛けつつ現在にいたる。

イシジマ ミキ 氏(デザイナー)
グラフィックデザインを中心にWeb、DTPと幅広くデザインを行う傍ら、講演や書籍執筆なども手がける。2013年にザ・マーズナレッジ株式会社設立。これまでに培ったグラフィックデザインワークやフリーランスの実績を元により実践的な技術を教え、企業の即戦力な人材を育てている。

小太刀 御禄 氏(イラストレーター・デザイナー)
イラストレーター・デザイナー。都内IT企業でwebデザイナーとして勤務経験をもち、広告デザインから新規事業開発、自社メディア担当まで担当経験をもつ。アーティスト活動を行いながら、小説の挿絵・キャラクターイラストなどを手がけ、デザインからイラスト・講師・メディア出演など活動は多岐にわたる。


■ schoo WEB-campusとは? リンク

株式会社スクーが運営する、「インターネット生放送」を活用した実名制リアルタイム動画学習サービス。現在約15万人の会員を抱え、過去2年間で1,500以上の授業をオンライン上で無料開講してきた。録画を“見るだけ”の e-ラーニングと違って、受講生や先生との『コミュニケーションが生まれる』ことが特徴。年齢・住まい・職業等、異なる背景や価値観を持っている人達が、学びを軸にリアルタイムコミュニケーションを楽しみ、共に『終わらない学生生活』を満喫する。

[画像6: リンク ]



■ 会社概要:株式会社スクー

会社名:株式会社スクー
事業内容:コミュニケーション型動画学習サービス「schoo WEB-campus」の運営
資本金:5億1300万円(資本準備金含む)
設立日:2011年10月3日
代表者:森健志郎(代表取締役社長)
主要株主:森健志郎(代表取締役社長)、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ


■ 取材・プレスリリースに関しまして
弊社代表へのインタビュー、ユーザーへの取材、オフィスや配信スタジオへの取材等、喜んでお受けいたしますので、取材に関しては、是非下記までご連絡ください。
info@schoo.jp / TEL:03-6455-1680 (担当:田中)

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。