logo

[新潟大学とエーザイの共同研究成果]アルツハイマー型認知症患者における認知機能変化を血液マーカーで測定

国立大学法人新潟大学 2015年04月03日 17時34分
From 共同通信PRワイヤー

2015年4月3日

新潟大学

[新潟大学とエーザイの共同研究成果]アルツハイマー型認知症患者における認知機能変化を血液マーカーで測定

 新潟大学脳研究所遺伝子機能解析学分野の池内健教授らの研究グループとエーザイ株式会社は、共同研究により血液中の脂質代謝物質「デスモステロール」がアルツハイマー型認知症(AD)の患者に生じる認知機能の経時的な変化とよく相関することを見出しました。本成果は、3月 31日に米国学術誌「Alzheimer’s & Dementia: Diagnosis、 Assessment & Disease Monitoring」に掲載されました。

 本共同研究によりADの診断および認知機能低下の指標として血中デスモステロールの測定が有用であることが示唆されました。今後は、認知機能が正常もしくはMCIの時期に血液中のデスモステロールを測定することで、将来の認知症発症の予測や薬剤の効果判定など、様々な応用の可能性が期待されます。一方、この技術を実用化するためには、多数の検体を効率よく処理できる測定系の確立が必要であり、また、測定コストの軽減化も課題です。新潟大学とエーザイ株式会社は、課題を乗り越え、アルツハイマー型認知症の血液診断の道を拓くべく、取り組んでまいります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。