logo

LINEクーポン利用者の半数近くが、クーポンがきっかけで行く予定のない店舗に訪問

LINEユーザーのスタンプショップ利用率は4割以上、わずか5ヶ月で1.4倍

~4人に1人が、LINEビジネスコネクトを利用したサービスに興味あり~
株式会社ジャストシステムは、セルフ型アンケートサービス「Fastask(ファストアスク)」を利用して、事前の調査で「LINEを利用している」と回答した10代~50代の男女500名に対し、『LINEの利用に関するアンケート』を実施しました。
 集計データをまとめた全57ページの調査結果レポートを「Fastask」実例レポートページ(リンク )から、無料でダウンロード提供します。



[画像: リンク ]


【調査結果の概要】
■LINEユーザーのスタンプショップ利用率は4割以上、5ヶ月前の1.4倍に
LINE GamesやLINE MALL、LINE Newsなど、LINEが提供している各サービスについて、ユーザーの利用状況を5ヶ月前の調査と比較したところ、全サービスで利用率が上昇していることがわかりました。利用率が高かったのは「スタンプショップ」(42.0%)、「LINE電話」(38.2%)、「タイムライン」(37.8%)でした。最も利用率が高かった「スタンプショップ」は5ヶ月前の利用率(30.0%)と比べて、約1.4倍に伸びていました。
※利用率は、「よく利用している」「ときどき利用している」の合計。
※1 『LINEに関するアンケート』(2014年10月実施)。

■LINEクーポン利用者の半数近くが、クーポンがきっかけで行く予定のない店舗に訪問
LINEクーポンを利用したことがある人のうち、「LINEクーポンがきっかけで行く予定がなかった店舗やサービスを利用したことがある」人が50.9%、「LINEクーポン対象商品以外の商品もついで買いしたことがある」人が38.6%、「LINEクーポンを利用した後に、必要がなくなった公式アカウントの通知をオフにしたことがある」人が同じく38.6%でした。

■4人に1人が、LINEビジネスコネクトを利用したサービスに興味あり
ZOZOTOWNなどとLINEアカウントと連携することにより、さまざまなサービスを受けることができるLINEビジネスコネクトについて、LINEユーザーの24.4%が興味があり、11.2%が利用した経験があると回答しました。

■LINEユーザーの約3割は、クリエイターズスタンプ作成に興味を持つも断念
LINEクリエイターズスタンプを知っている人のうち、LINEクリエイターズスタンプを「作成して収入を得たことがある」人は3.8%、「作成したことがある」人は4.8%、「作成しようと思ったが作成したことはない」人は27.7%でした。約3割の人がクリエイターズスタンプを作成しようと思ったが断念しており、さらに収入を得るにはなかなかハードルが高そうです。

■東京都のLINEユーザーのうち3割以上が、LINE TAXIに「興味はある」
東京都のLINEユーザーにLINE TAXIについて聞いたところ、「利用したことがある」人は5.3%でした。「知っていて興味はある」人は18.4%、「はじめて聞いたが興味はある」人は17.1%と、あわせて35.5%の人が「興味はある」と回答しました。

【調査の実施概要】

調査期間 :2015年3月19日(木)~3月20日(金)
調査対象 :事前の調査で「LINEを利用している」と回答した10代~50代の男女500名
質問項目 :
・LINEを使うとき、主に使用するOSについて教えてください。
・1週間のうち、LINEを起動する平均的な回数について教えてください。
・LINEを起動する、1日あたりの平均的な起動回数について教えてください。
・現在、何個ぐらいのLINE関連アプリを使用していますか。
・LINE関連サービスの利用状況について教えてください。
・LINEクリエイターズスタンプについて、あなたの状況を教えてください。
・LINE Payについて、あなたの状況を教えてください。
・LINE TAXIについて、あなたの状況を教えてください。
・LINEマンガ インディーズについて、あなたの状況を教えてください。



プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。