logo

10,000TESゲット?!TESLAB NEWSに裏ワザ見つかる???

株式会社デモ 2015年04月01日 12時34分
From PR TIMES

2014年に株式会社デモ(本社:東京都港区、代表取締役 角田芳泰、以下、デモ)がスタートしたテスト&レビューメディア「TESLAB NEWS」は、ニュースに対する消費者のリアルな声をデイリーで集め、即日レビューすることでニュースに対する消費者の認知理解の深度を高めながら、実際の需要や実態を知ることが可能な新しいユーザー参加型メディアです。ゆーざーは参加することでTESポイントを貯められます。



こんにちは、TESLAB NEWSライターのTです。先日いつものようにTESLAB NEWSの記事に参加していた時のことでした。今日で1,000TES貯まるなぁ、と思いマイページを見るとなんと表示が10,999に!!!!ん?なんかキャンペーンやってたっけ?と、ページを見ても何もなく、そもそも参加した覚えもない。恐る恐る10口交換申請をして待つこと1週間。と、届きましたよ、10,000円分のギフトが!!!
喜んでみたものの、腑に落ちなさと後ろめたさに加えライター魂が黙っていられずその後もあらゆる検証を試みるものの、再現されることはなく遂にギフト券の没収覚悟で昨日編集部に連絡しました...。以下、そのレポートです。

取材に答えてくださったのはTESLAB NEWS編集 27歳猫好きのK女子(以下K)。

T「あの、実はですね。先日突然10,000TESが入っていたのですが…」
K「…」
T「ギフト券に交換して送っていただいたものの、後ろめたさというかなんか気持ち悪さがありまして…」
K「…」
T「で、もしバグだったりしたら御社的にも大きな問題かとも思いまして、こうしてお話をですね…」
K「…」
T「あのー…」
K「…気づいてしまいましたか…」
T「えっ」
K「実はとある法則にそって答えを選んでいくと、稀に10,000TES入ってしまうバグがあるのです…」
T「ええええええええぇぇぇ!!!」
[画像1: リンク ]



という訳で、とても貴重なお話をK女子から聞くことができました。

もちろん、その法則の詳細も私は聞くことに成功しました。
この事実を公表することは口止めされたのですが、TESLAB NEWSが4/3で1周年を迎えるという事もあり、リリースをご覧の方にだけヒントをお伝えすることを許していただきました。その条件とは以下の通り。

「5問全てが2択の選択肢の際に、どちらか「はい」または「いいえ」の一方だけを選択し続ける」
更に、その記事をTwitterかFacebookで“#TESLABNEWS4月バカ”とつぶやくことで確率がアップするそうです。

これはここだけの情報ですのでくれぐれもシェアなどされませんように。
絶対にシェアしないでください!!!この記事に“#TESLABNEWS4月バカ”とつけてシェアしたら確率がさらに上がるなんて、言われてませんから!!!!!

(エイプリルフール企画限定ライター・T)

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
【本リリースはエイプリルフール企画です】
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
[画像2: リンク ]



URL TESLAB NEWS:リンク
広告のお問い合わせフォーム:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。