logo

利益の50%を“大阪のため”に寄附する、日本初の地域還元型ドメイン「.osaka」の一般登録受付開始



[画像: リンク ]



 ICANN(※1)公認レジストリとして、「.moe」と「.earth」(2015年内開始予定)を運営する株式会社インターリンク(東京都豊島区、代表取締役社長:横山正、以下インターリンク)は、新ドメイン「.osaka」の一般登録受付を4月1日午前11時より開始致します。「.osaka」は、インターネット上で「大阪」を表すアドレスとして、府民を中心に、大阪コミュニティに属する個人、組織、企業、政府機関をつなぐプラットフォームとして活用されることを期待して新設しました。

 3月19日の記者発表会では、「.osaka」は黒字化後に利益の50%を大阪ドメイン有識者会議(ODAC※2)が指定する「大阪府内の各種団体」へ寄附をする、日本初の地域還元型ドメインであることを発表しました。横山氏は、「10年で10万件の登録、2017年度の黒字化」を目標に掲げ、「毎年固定費がかかるため、一概には言えないが、2万ドメイン登録で単年度黒字化予定」としています。

 一般登録費用は、約4,000円(※小売予想価格)。世界の都市名ドメイン(.berlin、.london、.nyc、.paris、.wien等)としては、平均的な価格です。現在は、日本語文字列の登録を受け付けておりませんが、2015年度内より受付開始予定です。「.osaka」は、現在21社のレジストラ(※3)よりお申込み頂けます。

(※1) ICANN…インターネットのIPアドレスやドメイン名などの各種資源を全世界的に調整・ 管理することを目的として、1998年に設立された民間の非営利法人。
(※2) 大阪ドメイン有識者会議(ODAC)・・・寄附先となる大阪府内の各種団体を選定する第三者機関。現在は、上村圭介氏(大東文化大学准教授)、松野隆一氏(NPO法人まちづくりネット熊取)、山崎恵人氏(GIGAZINE編集部編集長)、以上の3名の方に就任のご承諾をいただいております。
(※3) レジストラ…ドメイン名の登録申請受付と申請された登録データを、そのドメイン領域のデータベースを管理するレジストリへ提出する組織。ICANN公認レジストラは希望すれば、「.osaka」取扱レジストラに登録されます。2015 年4月1日現在「.osaka」を登録申請できるレジストラは21社ですが、今後も順次追加されます。

「.osaka」一般登録 ※価格は全て小売予想価格。
[開始日時] 2015年4月1日午前11時
[料金] おおよそ4,000円(1年)

「.osaka」の一般登録を受け付けるレジストラ一覧
リンク

「.osaka」を使用中のサイト(一部抜粋)
・2015君が創る近畿総体 リンク
・こだわりのバジルソース リンク
・大阪の不動産コンサルティング さくらエステート リンク
・ウェブコンビニエンス リンク

「.osaka」公式サイト
リンク

<会社概要>
◆株式会社インターリンク リンク
日本のインターネット黎明期である1995年よりサービスを開始した、今年で20年目を迎える老舗ISP。2000年よりドメイン名登録事業を開始、2006年10月、日本で8社目のICANN 公認レジストラに認定。2014年1月には、Googleの日本におけるレジストラパートナーとして、日本語初の新gTLD「.みんな」を販売中。4月11日より新gTLD「.moe」の運営を開始。2014年11月には取扱ドメイン数が日本最大となる900種類を突破(リンク)。オタク川柳大賞(リンク)や、社会貢献活動「グラジェネ向け無料 iPad 教室」(リンク)も開催中。有限責任事業組合フェムト・スタートアップ(リンク)にて、ベンチャー企業の支援も積極的に取り組んでいます。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。