logo

ニコンイメージングジャパン、JALとのコラボレーションサイト「タビビトレンズ」-鎌倉編-を公開

株式会社ニコンイメージングジャパン 2015年03月31日 13時28分
From Digital PR Platform


株式会社ニコンイメージングジャパン(社長:五代 厚司、東京都港区)は、日本航空株式会社(以下「JAL」)とのコラボレーションサイト「タビビトレンズ」の第3回目となる、鎌倉編を2015年3月31日より公開します。

「タビビトレンズ」URL: リンク

「タビビトレンズ」は、「好奇心をガイドに、カメラと一緒に旅に出よう。」をコンセプトとした、ニコンイメージングジャパンとJALのコラボレーションサイトです。希望をかなえる旅に密着することで、旅人の視点(レンズ)を通じた訪れた場所の新しい発見や感動を伝えていきます。
 
第3回目となる鎌倉編では、大学で日本文化を学んだイタリアの青年が、大学卒業の記念に日本へとやってきます。彼の故郷であるヴェネツィアによく似た、海と文化に囲まれた古都・鎌倉で、今回の旅カメラであるニコンデジタル一眼レフカメラ「D5500」を携え、憧れの日本文化に触れる旅を描いています。外国出身ならではのみずみずしい青年の視点により、日本人が慣れ親しむ鎌倉とは一味異なった、鎌倉の魅力を再発見できるコンテンツに仕上がりました。
また、旅の様子を紹介するショートムービーは、映像ディレクターの箱守惠輔氏が第1・2回目より引き続き担当し、鮮鋭感が高く階調豊かな高画質動画を提供する、ニコンデジタル一眼レフカメラ「D810」による撮影を行いました。
 
なお、「タビビトレンズ」では毎回、フォトコンテストを実施しております。第3回目のテーマは「和」です。応募作品のうち、優秀作品に選ばれた方には、ニコンデジタル一眼レフカメラ「D5500 18-55 VR II レンズキット(ブラック)」と、航空券などをご購入いただけるJAL旅行券(4万円分)をセットで3名様にプレゼントします。応募方法については、「タビビトレンズ」(URL:リンク)にてご案内いたします。

今後とも二コンイメージングジャパンとJALは「タビビトレンズ」を通し、さらなる「旅の楽しみ」と「写真の楽しみ」の両方を訴求してまいります。

●「D5500」について
有効画素数2416万画素、光学ローパスフィルターレス仕様の二コンDXフォーマットCMOSセンサーと画像処理エンジン「EXPEED 4」の搭載による高画質と豊かな表現力に加え、直感的なタッチ操作が可能なバリアングル液晶モニターとWi-Fi(R)機能をモノコック構造の採用により高い強度と剛性を保ちながらも世界最軽量*、薄型ボディーに凝縮したデジタル一眼レフカメラです。
* 2015年3月17日現在、発売済みのバリアングル液晶モニターを搭載したデジタル一眼レフカメラにおいて。ニコン調べ。

「D5500」製品情報:
リンク


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。