logo

オリックス、電力小売事業(新電力)、東北電力管内でサービス開始


オリックス株式会社(本社:東京都港区、社長:井上 亮)は、4月1日より、電力小売サービスの対象エリアを拡大し、東北電力の送電エリア内(青森県、岩手県、秋田県、宮城県、山形県、福島県、新潟県)で営業を開始しますのでお知らせします。

オリックスは、新電力(特定規模電気事業者(*1))として、2009年より電力小売事業を開始し、主に店舗やオフィスビルなどの高圧業務用の事業所を対象に割安な電力を供給しています。2009年より東京電力、関西電力、2010年より中国電力、2014年より中部電力管内と、順次サービス提供エリアを拡大してまいりました。
 また、オリックスと電気需給契約を締結しているお客さまには、無償でご利用いただける「お客さまホームページ」を開設しています。ウェブサイト上で月々の電力使用量や電気料金、30分ごとの電力使用実績などをご確認いただけるほか、各データのダウンロードが可能です。

 オリックスは、電力供給のほかにも、建物の省エネルギー化を支援するESCOサービスや蓄電システムのレンタルサービスなどをご提供しており、お客さまの電力使用に関するさまざまなニーズにお応えしています。
今後もお客さまの省エネルギー化、電力コストの削減に寄与する環境エネルギー事業を積極的に展開してまいります。


(*1)契約電力が50kW以上の需要家に対して、電力会社などの一般電気事業者が持つ送電線を通じて電力供給を行う事業者。

=============================================================
<本件に関するお問い合わせ先>
グループ広報部 堀井・柴田 TEL:03-3435-3167
=============================================================

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事