logo

ダノンネーションズカップ2015 優勝は川崎フロンターレU-12!!

ダノンネーションズカップ大会実行委員会 2015年03月30日 15時26分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月30日

ダノンネーションズカップ大会実行委員会

日本で唯一の世界につながるU-12サッカー大会
「ダノンネーションズカップ2015 in JAPAN」
優勝は川崎フロンターレU-12!!

ダノンネーションズカップ大会実行委員会は、ダノンジャパン株式会社(東京都目黒区/代表取締役社長ルイス・ファリア・エ・マイア)の協賛のもと、3月28日、29日の両日、東京・駒沢オリンピック公園総合運動場にて開催した「ダノンネーションズカップ2015 in JAPAN」において、川崎フロンターレU-12(神奈川)が優勝したことをお知らせします。

川崎フロンターレU-12は、同大会において、2008年から2011年まで4年連続で優勝して以来、5度目の優勝となりました。
28日のグループリーグでは、青森FC U-12を7-0、フットボールムサシを6-0、千里ひじりサッカークラブを6-0で下すと、29日のグループリーグでも、サンフレッチェ広島F.C.ジュニアに5-0で勝利し、レジスタFCには0-0の引き分けに終わりましたが、勝ち点13でグループリーグを1位で突破。決勝トーナメントでも、準々決勝でヴィッセル神戸U-12を3-0、準決勝でヴァンフォーレ甲府U-12を1-0で下し、決勝に進出。決勝戦では柏レイソルU-12に1-0で勝利して優勝しました。

優勝した川崎フロンターレU-12は、今秋モロッコで開催されるダノンネーションズカップ世界大会に日本代表チームとして出場することになります。
2000年から毎年開催されているダノンネーションズカップは、U-12世代唯一の世界一を決める国際サッカー大会であり、世界中で行われた予選を勝ち上がったチームによるハイレベルな戦いが繰り広げられます。世界大会のアンバサダーは元サッカーフランス代表ジネディーヌ・ジダン氏が務め、現在まで1,000万人以上の世界中の子どもたちの夢を実現してきました。昨年開催された2014年大会では、横河武蔵野フットボールクラブジュニアが11月14日から16日までブラジル・サンパウロで開催された世界大会に日本代表チームとして臨み、日本チーム初の優勝を達成しました。

<ダノンネーションズカップ2015 in JAPANの結果>
■表彰チーム
・優勝:川崎フロンターレU-12
・2位:柏レイソルU-12
・3位:大宮アルディージャジュニア
    ヴァンフォーレ甲府
・フェアプレー賞:横浜F・マリノスプライマリー
■個人賞
・得点王:甲斐翔大(川崎フロンターレU-12)
・MVP:甲斐翔大(川崎フロンターレU-12)
・大会優秀選手:長田澪、小室愛樹、甲斐翔大(以上、川崎フロンターレU-12)
        平井颯馬、真家英嵩(以上、柏レイソルU-12)
        和田吉弘(吹田クラブ)
        井上真成(ヴァンフォーレ甲府U-12)
        山市秀翔(横浜F・マリノスプライマリー)

<川崎フロンターレU-12の戦績>
■グループリーグ(グループH)
・7-0 青森FC U-12
・6-0 フットボールムサシ
・6-0 千里ひじりサッカークラブ
・5-0 サンフレッチェ広島F.C.ジュニア
・0-0 レジスタFC
■決勝トーナメント
・準々決勝 3-0 ヴィッセル神戸U-12(グループA1位)
・準決勝  1-0 ヴァンフォーレ甲府U-12(グループB1位)
・決勝   1-0 柏レイソルU-12(グループD1位)

<決勝トーナメントの結果>
■準々決勝
・横浜F・マリノスプライマリー 0-1 大宮アルディージャジュニア
・柏レイソルU-12 1-0 名古屋グランパスU12
・川崎フロンターレU-12 3-0 ヴィッセル神戸U-12
・アイリスFC住吉 0-0(PK6-7)ヴァンフォーレ甲府U-12
■準決勝
・大宮アルディージャジュニア 0-1 柏レイソルU-12
・川崎フロンターレU-12 1-0 ヴァンフォーレ甲府U-12
■決勝
・川崎フロンターレU-12 1-0 柏レイソルU-12

ダノンネーションズカップについて
・2000年から開催しているFIFA公認のU-12サッカー世界大会であり、元フランス代表のジダン氏が大会アンバサダーを務めています。現在は世界32か国で予選を行い、250万人以上の少年・少女が参加しています。世界大会の決勝は本格的なサッカースタジアムを使用し、4万人もの大観衆が来場します。

・日本大会は「日本唯一の世界につながるU-12サッカー大会」として2004年から毎年開催。子どもたちに世界とつながる機会を提供し、サッカーを通じ、フェアプレー精神、チームワーク、他チームとの交流や親睦を図り、健全な心身を育てる場となることを目的としています。

・日本大会ホームページ(リンク


■ダノングループについて
ダノンは、世界五大陸でビジネスを展開しているグローバル企業です。「できるだけ多くの人々に食を通じて健康をお届けする」という使命を掲げ、チルド乳製品、乳幼児向け食品、ウォーターおよび医療用栄養食の4つの分野で世界トップの地位を築いています。また、経済と社会の両方の発展に責任がある、とする企業理念のもと、10万人の社員、消費者、顧客、仕入れ業者、そして株主の皆さまと、価値観を共有・創造していくことを目指しています。

130を超える市場で事業を展開し、2014年の売上高は211億ユーロ、そのおよそ5割以上は新興国での売上が占めています。ダノンの商品ブランドには、国際的にも認知されているブランド(アクティビア、アクティメル、ダネット、ダノニーノ、ダニオ、エビアン、ボルヴィック、ニュートリオン/アプタミル、ニュートリシア)や、ローカルブランド(プロストヴァシキーノ、アクア、ボナフォント、マイゾーン、ブレディナ、カウ・アンド・ゲート、デュメックス)があります。
NYSEユーロネクスト・パリおよび、米国預託証券プログラムを通じて、OTCQXに上場し、ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス、ヴィジオやエティベル・サステナビリティ・インデックスといった主要な社会的責任投資インデックスに選定されています。また、ダノンは2013年ATNIインデックスで1位にランクされています。

ダノングループホームページ(www.danone.com リンク



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。