logo

鉄道業界のビッグデータ活用、2020年に投資額は世界全体で21億米ドルに到達

フロスト&サリバンは、鉄道業界におけるビッグデータ活用への投資に関するグローバルの見通しをまとめました。フロスト&サリバンの新たな調査報告「鉄道業界におけるビッグデータ活用の戦略分析」によると、鉄道業界でのビッグデータ活用に向けた年間の投資額は、世界全体で2021年には21億4000万米ドルに到達する予測となっています。

フロスト&サリバンでは、ビッグデータを「企業・機関における意思決定に役立つ見識を得るために、コンピュータアルゴリズム、プログラミング、統計モデリング技法などを用いて、有益かつタイムリーな相互関係、パターンやトレンドを見い出すためにデータ分析を行う一連のプロセス」と定義しています。今回の調査分析では、ビッグデータのハードウェア、ビッグデータディストリビューション、データ管理コンポーネント、アナリティクスおよびビジュアライゼーション、サービスを対象としています。フロスト&サリバンの分析によると、鉄道業界ではハードウェアに向けた投資額がソフトウェアを上回る予測となっています。

鉄道業界は、グローバルでビッグデータのベンダーに対して大きなビジネスチャンスを提供しています。一部の鉄道信号機の老巧化などに伴い、アナログからデジタルの鉄道システムへの移行が進みつつあります。リアルタイムでの活動記録やシステム統合を可能にするデジタル化への移行は、鉄道業界におけるビッグデータの導入を促進しています。

「鉄道業界におけるビッグデータの活用は、予測アナリティクスが中心となっている。また、鉄道インフラのセキュリティ改善を目的としたメディア・アナリティクスの統合も主要なエリアである」と、フロスト&サリバンの自動車・交通運輸部門のリサーチアナリスト、シャム・ラマンは述べています。

さらに、鉄道業界におけるビッグデータの活用は、運賃の管理、地理空間データ分析、運行スケジュールの管理、収益の管理といった領域にも拡大できます。ビッグデータが持つこの様な特性は、鉄道業界のビジネス構造を完全に転換し、複数の機能をシームレスかつ相互に連結させることを可能にします。

一方で、一部の鉄道業界ではビッグデータの導入が遅れています。関連するデータ構造やデータの種類を特定する方法、実行可能な意思決定を可能にするビジュアライゼーションの活用についての乏しい理解が、鉄道業界でのビッグデータの導入を遅らせる要因となっています。

鉄道業界の市場参加者は、ビッグデータを活用したビジネスモデルの変換に対応するために、これらの課題をクリアすることが求められています。鉄道業界のエコシステム全体におけるモバイルインターネットの急増によって非構造化データ量が今後増加する見通しであり、これはビッグデータのニーズ増大を提示しています。

「世界全体で2020年までに500億台のデバイスがインターネットに接続される見通しであり、これは2010年と比べて4倍近くに値します。鉄道業界は、ビッグデータを用いてこの様な外的環境に対応することが求められます」と、ラマンは述べています。

**********************************************
フロスト&サリバンについて
フロスト&サリバンは、独自のリサーチに基づいて企業のビジネスを成長に導くグローバルな知見を提供し、ビジネスの新たな成長機会の創出からイノベーションの実現までを支援する、リサーチとコンサルティング機能の両方を兼ね備えた企業のナレッジパートナーです。世界40拠点以上のグローバルネットワークを軸に、世界80カ国ならびに300に及ぶ主要な全てのマーケットを網羅することで、メガトレンドや海外新興市場の台頭、テクノロジーの進化などのグローバルな変化に対応し、企業がグローバルなステージでビジネスを成功させるための360度の視点に基づいた知見を提供しています。 リンク

本件に関するお問い合わせ先:
フロスト&サリバン ジャパン株式会社 担当:辻
〒107-6123 東京都港区赤坂5-2-20 赤坂パークビル23階
電話:03-4550-2215/FAX:03-4550-2205/E-mail: anna.tsuji@frost.com
URL: リンク

▽フロスト&サリバン プレスリリース一覧:
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事