logo

Richmond PharmacologyがATTR治療用治験薬を使った第3相研究の患者募集

Richmond Pharmacology Ltd 2015年03月27日 12時07分
From 共同通信PRワイヤー

Richmond PharmacologyがATTR治療用治験薬を使った第3相研究の患者募集

AsiaNet 59986 (0428)

【ロンドン20015年3月27日PRN=共同通信JBN】
*Richmond Pharmacologyが世界で初の患者募集

Richmond Pharmacologyはロンドンのロイヤル・フリー病院の国立アミロイドーシス・センターと協力して、神経、心臓に影響を及ぼす希少疾患であるトランスサイレチン媒介アミロイドーシス(ATTR)の治療用に開発されている治験治療薬RNAiを世界的な第3相研究で患者に投与する世界で初のセンターである。

プレスリリースは以下へ。
リンク

ClinicalTrials.gov研究記録の詳細は以下へ。
リンク

ロンドン大学セント・ジョージ校に本社を置くRichmond PharmacologyはNHRAの英国フェーズ1ユニットの認証を受けた15社の1つで、臨床試験に参加する意思があり、登録され、事前審査に合格した20万人近いボランティアのデータベースを持っている。同社の広範なメトリクス、実行可能性評価は、目標グループの研究の受容性、適切性について非常に価値のある知見を提供し、募集期間、減少率の正確な予測可能性を確保する。その結果、同社は自ら言うように期間延長なし、追加コストなしで募集目標のすべてを達成している。問い合わせはリンク へ。

▽問い合わせ先
DR Jorg Taubel
+44(0)208-664-5200
info@richmondpharmacology.com

ソース:Richmond Pharmacology Ltd

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事