logo

コラム「システムリプレイスでRubyベースに作り直すパターンとメリット」

RubyにつよいWEB開発会社であるトランスネット株式会社は吉政忠志氏が連載しているコラム「システムリプレイスでRubyベースに作り直すパターンとメリット」を公開しました。

###
このコラムを担当する吉政創成の吉政でございます。トランスネットのマーケティング支援を行っているご縁から、このコラムを連載いたします。今回は「ステムリプレイスでRubyベースに作り直すパターンとメリット」と言うタイトルで書きます。

苦労して構築したシステムも時間がたてば必ず作り直すタイミングが来ます。

システム自体が老朽化した場合、新しい業務に対応した機能を追加開発したい場合、担当者が辞めてしまい、放置状態になっている場合など様々な理由があります。

様々な理由を背景に、システムリプレイスを計画されると思うのですが、そこで確認していただきたい点がいくつかございますので、ご紹介します。ここでは、一般的なリプレイスの際にチェックが必要な、「使われている機能と使われていない機能の洗い出し」などのお話はしません。いわゆる常識的なものではなく、見落としがちなものに絞ってお伝えします。

(この続きは以下をご覧ください)
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。