logo

新日鉄住金 豪州ボガブライ炭鉱の権益取得

新日鐵住金株式会社 2015年03月25日 16時18分
From Digital PR Platform


新日鐵住金株式会社(代表取締役社長:進藤孝生 以下、「当社」)は、出光興産株式会社(代表取締役社長:月岡隆 以下、「出光興産」)との間で、出光興産が豪州子会社経由で参画している豪州ニューサウスウェールズ州のボガブライ炭鉱ジョイントベンチャー(以下、「JV」)の権益の10%を購入する契約を締結致しました。
今後、関係当局による許可など諸条件が整い次第、権益取得にかかわる契約が発効し、当社が同JVに参画することとしています。

同JVは出光興産の豪州子会社、中国電力株式会社の豪州子会社によってこれまで運営されてまいりました。当社の権益取得は、連結子会社であるNippon Steel & Sumitomo Metal Australia Pty Limitedの完全子会社であるNS Boggabri Pty Limited(以下 NS Boggabri)が、出光興産の豪州子会社からその権益を購入することにより実行致します。

ボガブライ炭鉱は、2006年に操業を開始し、現在、拡張工事(選炭機導入等)を進めており、本年中に年産700万トン体制を構築する予定です。この拡張工事の完了に伴い、同炭鉱は高品質の火力発電用燃料炭とあわせて、製鉄用原料炭(非微粘結炭およびPCI炭)も生産する予定で、これらの石炭はいずれも低灰分、低硫黄分などといった優れた品質を備えたものです。

今回のボガブライ炭鉱JVの権益取得は、当社の製鉄用ならびに石炭火力発電用として高品質の石炭を確保することにつながり、当社の原料の長期安定調達に寄与するものと考えております。

当社は、原料の長期安定確保に向けて、権益取得を含む戦略的な原料購買政策を推進しておりますが、今後とも引き続き鉄鋼原料サプライヤーとの関係を強化しつつ、中長期的な原料の安定確保に努めていく所存です。


<参考:ボガブライ炭鉱の概要>
1. 炭鉱所在地 : 以下URLより別紙ご参照
2. 権益構成  : 以下URLより別紙ご参照
3. 生産量   : 2014年実績 約560万トン
4. 採炭方式  : トラック&ショベルによる露天掘り

リンク


(お問い合わせ先) 総務部広報センター 03-6867-2146,2135,2977,5807
以上

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事