logo

「キリン のどごし オールライト」発売から約8週間で150万ケース突破!

キリンビール株式会社 2015年03月25日 14時00分
From Digital PR Platform


キリンビール株式会社(社長 布施孝之)が1月27日(火)に発売した「糖質0×プリン体0×カロリーオフ」※1の世界初※2の機能性を持ち合わせた「キリン のどごし オールライト」の販売数量が、発売から約8週間で150万ケース※3を突破し、年間目標の約3割を突破しました。
※1 100ml当たり糖質0.5g未満のものに表示可能(栄養表示基準による)
100ml当たりプリン体0.5mg未満のものをプリン体0と表示
100ml当たり20kcal以下のものに表示可能(栄養表示基準による)
※2アルコール入りビールテイスト飲料において世界で初めて糖質0・プリン体0・カロリーオフを実現した商品(当社調べ)
※3大びん換算

■「キリン のどごし オールライト」好調の背景

(1) 飲用者層の拡大
「のどごし オールライト」の飲用意向調査によると、女性が全体の半分以上を占め、「パッケージがカジュアルで気軽な感じがする」「TVCMが共感できる」という声が寄せられるなど、メインターゲットの30~40代男性だけではなく、女性からも高く支持されていることがわかりました。また、当社調査によると、「のどごし」ブランドへのイメージ変化について「女性も飲みたくなる商品になった」「選択肢が増え、柔軟なイメージになった」という声が寄せられるなど、飲用層の拡大がうかがえます。

(2) 「のどごし」ブランドへの期待
当社調査によると、「糖質0」「プリン体0」「カロリーオフ」の3つの機能と合わせて「のどごし」ブランドであることが支持されています。また「のどごし オールライト」の発売以来、1~2月の販売状況は、「のどごし」ブランドが対前年約2割増となるなど、好調に推移しています。

(3) 味覚が好評
当社調査によると、「『のどごし オールライト』をまた飲んでみたいですか」という質問に対して、飲用いただいた約7割のお客様が「また飲みたい」と回答しています。また、「軽くて、ゴクゴク飲める」「飲みやすくて食事とも合う」という声が寄せられるなど、好評をいただいています。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事