logo

Markenが上海オフィス新設を発表

Marken 2015年03月24日 15時08分
From 共同通信PRワイヤー

Markenが上海オフィス新設を発表

AsiaNet 59940 (0415)

【リサーチトライアングルパーク(米ノースカロライナ州)2015年3月24日PRN=共同通信JBN】
*新オフィスは既存の北京オフィスと連携し中国におけるプレゼンスを拡大

Markenは24日、中国・上海に新しいオフィスを開設したと発表した。主な業務は物流センターとなることで上海、蘇州、およびその周辺地域にあるMarkenの多数の製薬関連クライアントにサービスを提供する。

Logo - リンク

同施設はMarkenのすべての支店およびデポと同様に、臨床試験業界向けの医薬品および医療機器の地域販売とサプライチェーン向け流通サービスを提供するために戦略的な場所に立地している。張江ハイテクパーク内にある新オフィスは虹橋および浦東空港に近く、さらに従来のMarkenの製薬関連クライアント数社のすぐ近くでもある。温度制御された車両がMarkenの保有車両に加わり、時間と温度を気にする出荷品の陸上輸送を担う。アジアは現在、臨床関連製品の最大届け先であり、Markenが中国でオフィスとデポを増設し、今後は常勤従業員の数も増やしていくのは、クライアントが必要とする場所にサービスと施設を提供するというコミットメントと関係している。Markenはこの拡大に向けて、中国で生体サンプルと製剤を出荷できる12年のライセンスを獲得した。

23日に行われた開所式には、Markenのウェス・ウィーラー最高経営責任者(CEO)のほか、同地域のMarkenの地元クライアント多数が出席した。ウィーラーCEOは新施設について「上海チームをMarkenの世界的なオフィス・ネットワークに迎え入れることを大変誇りに思う。流通の専門家は長年の流通関連の体験を組織にもたらしてくれる。さらに、この新しいオフィスの物理的なプレゼンスは、Markenがアジア太平洋地域でサービスを提供できるクライアントの数を今後増やすことに寄与する。上海オフィスをオープンしたことで、当社は既存の北京オフィスを補完し、流通規範(GDP)に完全準拠したデポと相まって中国のクライアントに完全なサービスを提供するために緊密に連携させていく」と語った。

創立35周年を迎えたMarkenは世界で唯一の臨床物流組織(CLO)であり、製薬、バイオテクノロジー、医療機器、ライフサイエンスの業界に流通サービスを提供している。

▽Markenについて
Markenは製薬およびライフサイエンスの業界を専門とする臨床サプライチェーン・ソリューションの世界的な大手プロバイダーであり、世界150カ国以上で4万9000人以上の臨床研究者を支援している。Markenはデポと流通をソリューションに統合し、治療がほとんどいきわたっていない遠隔地でさえも臨床試験が利用できる地域を拡大する。Markenは治験用医療製品および医療器具の輸送において臨床研究業界とスペシャリストを全面的に支援する。臨床器具と製剤の保管、および研究者ないしは直接患者に対する配布などのサービスに加え、Markenは生体サンプルの発送輸送で業界トップであり、輸送路認定をはじめGDP、規制、コンプライアンスのコンサルタントなどの追加サービスを提供する。

ソース:Marken

▽問い合わせ先
Christine Noble, info@marken.com, +1-919-474-6890, www.marken.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。