logo

iPad専用キューブトイ「Cube touch」4月23日(木)新発売!

株式会社タカラトミー 2015年03月24日 14時00分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月24日

株式会社タカラトミー

たくさんあそんで大きく育てる“遊育”トイシリーズ「JOUJOU(ジョジョ)」再始動!
iPad専用キューブトイ 「Cube touch」4月23日(木)新発売!
第1弾はiPadと連動!立体キューブとデジタルアプリで新しいあそび

 株式会社タカラトミー(代表取締役社長:富山幹太郎/所在地:東京都葛飾区)は、あそびを通して子どもの成長を育む“遊育”トイシリーズ「JOUJOU(ジョジョ)」※1を2015年4月23日から展開してまいります。第1弾として、iPadと静電マルチタッチ技術※2を応用した専用キューブ「Cube touch(キューブタッチ)」2種(まち/いきもの)希望小売価格 :各2,700円(税抜き)を2015年4月23日(木)から、全国の玩具専門店、百貨店・量販店の玩具売場、インターネットショップ、タカラトミー公式ショッピングサイト「タカラトミーモール」リンクにて順次販売します。

 最近の調査によると、近年iPadはビジネスの現場だけでなく、子育ての家庭にも急激に普及しており、子どもは主に動画を見たり、ゲームであそんでいることがわかりました※3。タカラトミーの「Cube touch(キューブタッチ)」は、一方的な動画視聴や指先のみのゲームだけでなく、専用の立体物(キューブ)をつかんで、押したり引いたり、ひねったりなどの能動的なあそびを通して、子どもの成長を育むおもちゃです。

 あそぶには10個のデジタルスタンプキューブとiPadを使います。各キューブには、静電マルチタッチ技術を搭載しているため、キューブで画面にタッチするとそれぞれ違ったアクションを起こします。専用アプリ「JOUJOU Cube touch」には、「まち」「いきもの」の2種あり、いずれも4つのステージと、多彩な5つのミニゲームが付いており、子どもたちの指を使うことで、脳を刺激するようなあそびの要素が詰まっています。例えば、「いきもの」編では、マップに動物キューブをスタンプすると、そのキューブに応じた生き物が効果音とともに現れます。
キューブを上下左右に動かして、足跡だらけの汚れた窓をモップでこすって掃除するゲームや、ガチャのハンドルをひねってアイテムをゲットするゲームなどがあり、このキューブを使ったあそびを通じて幼児期の子どもの学ぶ力を育むといわれています。(※後述の北里大学医療衛生学部視覚機能療法学の半田知也准教授コメント参照)

 タカラトミーは1989年より幼児向けトイ「JOUJOU(ジョジョ)」シリーズを発売してきました。現在、知育玩具市場は大きく変わり、学校や自宅教育でもタブレット端末を使用したり、2020年までに小学生に一人一台タブレットを支給する方針が打ち出されるなど※4子どもたちを取り巻く環境も変わりつつあります。タカラトミーではそんな現代にふさわしい新たな「JOUJOU」シリーズとして、技術の進化をおもちゃメーカーらしい工夫と発想力で「Cube touch(キューブタッチ)」を皮切りに、驚きや不思議を提供する次世代のプリスクールトイを提案してまいります。

アプリケーション名 : 「JOUJOU Cube touch(ジョジョ キューブタッチ)」
(JOUJOU、タカラトミー、キューブタッチ、cubetouchなどで検索していただけます。)
提 供 形 態 : iOS・AppStore(iPad)
ア プ リ 価 格 : 無料
対 応 端 末 : iOS7.1以降のiPad
リンク
※1「JOUJOU(ジョジョ)」とは、たくさん遊んで大きく育てる“遊育”トイシリーズです。今も昔も変わらない子どものあそびに最新テクノロジーを取り入れて、今までに体験したことのない驚きや発見を提供し、これからのライフスタイルとともに進化する親子で一緒に楽しめるプリスクールトイを提案していきます。(JOUJOUはフランス語の「おもちゃ」=jouet(ジョ)の子どもの言い方)

【商品概要】

商  品  名  : 「Cube touch(キューブタッチ)」2種 (まち/いきもの)
希望小売価格  : 各2,700円 (税抜き)
発売日  : 2015年4月23日(木)
対象年齢  : 3歳以上
商品内容  : キューブ10個、取り扱い説明書 ※iPadは別売り
使用電池  : なし
商品サイズ  : 各キューブ (W)50 × (H)22 × (D)50 mm  
販売目標  : 年間3万個
取扱い場所  : 全国の玩具専門店、百貨店・量販店等の玩具売場、インターネットショップ等     
著作権表記  : (C) TOMY
ホームページ  : リンク

北里大学医療衛生学部視覚機能療法学の半田知也准教授コメント:
「Cube touchのあそびは、子どもの五感を刺激し目と手の協調運動に役立つ内容が盛り込まれています。 見る、聞く、触るの感覚刺激が幼児期の子どもの学ぶ力を育みます。なお現在、子どもの目の発達支援として医療の現場でも用途研究されている技術です。」

※2静電マルチタッチ技術:ブロックを介して画面に触れることで疑似的にディスプレイを複数の指で同時接触した状態を作り出す技術です。
※3ベネッセ教育総合研究所「第1回乳幼児の親子のメディア活用調査報告書」(2014年)によると、タブレット端末を所有している家庭では
3歳児の約42%が端末と接触しており、今後も増えつつあると言われています。
※4 2010年6月18日閣議決定された「新成長戦略」より
・「Cube touch(キューブタッチ)」で遊ぶには別売りのiPadが必要です。
・セット内容に iPad は含まれていません。
・対象機種以外の iPad およびその他のスマートフォン、タブレット PC はご使用できません。
・iPadは米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。App Store は Apple Inc.のサービスマークです。
・アプリは無料ですが、通信料・接続料・パケット通信料などはお客様のご負担となります。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。