logo

株式会社ロックオン、アドエビスをバージョンアップし、デバイスを跨いだユーザー行動を可視化する「クロスデバイス分析」を可能に

株式会社ロックオン(本社:大阪府大阪市北区 代表取締役社長:岩田進、以下、ロックオン)は、国内No.1(※)インターネット広告効果測定システム「アドエビス」の機能をバージョンアップし、デバイスを跨いだユーザー行動を可視化する「クロスデバイス分析」を可能にしたことを2015年3月24日に発表します。

■バージョンアップの詳細
スマートフォン市場の拡大により、1人につき複数デバイスを利用することが多くなっています。

例えば、昼間スマートフォンで「ダイエット」などのキーワードを検索してお試し商品購入後、夜に自宅のPCで「商品名」を検索し本商品購入を行うなど、デバイスを跨いでコンバージョンするという導線が増加傾向にあります。

そこで、単にデバイスごとにコンバージョンに繋がった効果を計測しているだけでは、正しい効果測定が出来ているとは言えません。

こうした背景から、この度アドエビスでは、コンバージョンしたユーザー情報を分析できる「コンバージョン属性情報」をバージョンアップし「クロスデバイス分析」を可能にしました。本機能を活用すれば、デバイスを跨いで発生したコンバージョンも同一ユーザーとして計測することが可能となります。
これからもアドエビスは、複雑化するデジタルマーケティングの運用業務を支援するための効果測定システムとして機能強化を図ってまいります。


■「アドエビス」について
広告効果測定システム「アドエビス」は、インターネット広告はもちろんのこと、検索エンジンからの自然検索や、ソーシャルネットワークサービスからの流入までも計測し、企業と消費者のコミュニケーションの最適化を目的に、ロックオンが開発・提供するシステムです。
「広告効果測定」・「ランディングページの最適化」・「SEO分析」・「アクセス解析」の4つのサービスを提供しており、それぞれの課題に併せて導入する事が可能です。
また、教育の一環として、『エビス・マーケティング・カレッジ』を開講し、マーケティングに携わる全ての方向けに「学びとコミュニケーションの場」を提供しています。


■関連サイトURL
広告効果測定システム「アドエビス」:リンク


■株式会社ロックオン概要
会社名:株式会社ロックオン
大阪本社:〒530-0001 大阪府大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー13F
東京支社:〒104-0061 東京都中央区銀座5-9-8 クロス銀座6F
代表者:岩田 進(いわたすすむ)
設立:2001年6月4日
URL:リンク
事業内容:マーケティングオートメーションプラットフォームの提供
・ 広告プラットフォーム「AD EBiS(アドエビス)」「THREe」
・ 商流プラットフォーム「EC-CUBE」「Solution」
・ ビッグデータの分析及び最適化「マーケティングメトリックス研究所」


■本件に関するお問い合せ先
株式会社ロックオン 広報担当:梶原
問い合わせフォーム:リンク
TEL:06-4795-7500

(※)株式会社シードプランニング「広告効果測定ツール市場調査」による


本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事