logo

銀聯国際、カード所有者優待プログラムの拡大で80空港免税店と提携

銀聯国際 2015年03月23日 13時47分
From 共同通信PRワイヤー

銀聯国際、カード所有者優待プログラムの拡大で80空港免税店と提携

AsiaNet 59912 (0408)

【上海(中国)2015年3月20日新華=共同通信JBN】銀聯国際(UnionPay International)は3月20日、世界の有名免税店グループ16社と提携して70空港の80免税店において特別割引を提供する新たな優待プログラムの開始を発表した。62から始まる番号の銀聯カード所有者は最低5%の所有者限定割引を受けられ、さらに海外旅行の間は数々の優待および便利なショッピング経験を楽しむことができる。

銀聯国際の最高ブランディング責任者ドン・リー氏は「中国が世界で2番目の旅行者供給国となった現在、当社としても個人旅行や深掘り旅行の人気の高まりという傾向に追随し、当社の世界的なカード所有者優待システムを継続的により豊かなものにしている」として次のように述べた。「空港免税店は多くの旅行者にとって必ず訪れるべきショッピングの場であり、当社は今回、最新優待プログラムの開始によって国内外のカード所有者に対して世界中でより良いカード利用経験を提供したいと考えている」

今回のプログラムは去年行った60空港におけるカード所有者限定割引の優待プログラムを更新したもので、多くのハイライトがある。

まず、香港、台湾、日本、韓国、東南アジア、欧州、北米、オーストラリア、ニュージーランド、中東など人気の目的地を含め、広い範囲をカバーしている。乗降旅客数で世界のトップ20空港のうち、17空港がこのプログラムに参加している。

カード所有者は最低5%の割引を享受できる。さらに、このプログラムは中国人が好んで旅行をするメーデーおよび夏季休暇も対象にした。パリ・シャルル・ド・ゴール空港、トロント・ピアソン国際空港、インドネシア・バリ島のングラ・ライ国際空港を含め、当該免税店の約30%は2015年末まで今回の優待を提供する。

多くの小売店が新規に関わるようになった。ロシア、イタリア、カタール、南アフリカ、フィンランド、ベルギー、フィジーを含め新興観光地の国際空港が初めて参加する。銀聯国際は海外の銀聯カード所有者に対して、広州、杭州、昆明など5つの国内空港免税店で優待サービスを提供する。

現在、海外で銀聯を受け入れるネットワークは150の国と地域に拡大している。銀聯カードは世界2600万の小売店および180万台の現金自動預払機が受け付けられている。銀聯は中国のアウトバウンド旅行者が好んで使う支払いサービスのプロバイダーになった。昨年以来、銀聯国際は空港免税店、中心的なビジネス地区、および観光目的地で割引を呼び物とした優待プログラムを次々と始めている。

詳しい情報はウェブサイト(リンク )を参照。

ソース:UnionPay International

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。