logo

レジエンス 富士マイクラ 再生医療における実験動物事業に関する業務提携

レジエンス株式会社 2015年03月20日 19時20分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月20日

富士マイクラ株式会社
レジエンス株式会社

レジエンス 富士マイクラ 再生医療における実験動物事業に関する業務提携

レジエンス株式会社(以下「レジエンス」)および富士マイクラ株式会社(以下「富士マイクラ」)は、このたび再生医療における実験動物事業に関する業務提携を致しました。本業務提携では、レジエンスの所有する研究技術やノウハウ等と富士マイクラの所有する超小型ミニブタ(Micromini Pig, MMP)の開発・製造技術をマッチングさせて非臨床・臨床一貫での研究開発を共同促進することを目指します。また本事業ではブタの体内をプラットホームとした細胞及び臓器工場を立ち上げることも計画しております。
ブタは生理学的、解剖学的にみてヒトとの類似性が高く、近年小型化され扱いやすくなってきている事からも臨床を意識した実験モデル動物として最適です。イヌやサルは、動物愛護・倫理の観点から、特に欧米の学術分野においては近年使用を制限されているのが実情です(図1)。このような情勢下において、小型化を進めたミニブタの使用率は、中型実験動物市場において欧米にて近年著しく伸長し、大きな市場規模があり、今後更に拡大していくことが見込まれています(図2)。日本国内においては依然イヌやサルの使用が多いものの減少傾向にあり、ミニブタの利用は今後増大していくと予想されます。また、医薬品の開発拠点がシフトしている中国やアジア地域は、新しい市場として期待されます。
実験動物としてのブタの有用性が高く評価される中、富士マイクラはMMPの系統樹立に成功しました。MMPの特徴として、6ヶ月齢で10 kg未満であり、従来のミニブタと比べても著しく小型化されている点があります。実験動物として従来のブタを用いる際に課題であった生産・飼育コスト、医薬品の投与量など様々な面においてMMPは優れています(図3)。
レジエンスは富士マイクラの開発したMMPを用いて、自社の再生医療等製品の開発を加速させるとともに、MMPを非臨床試験における被験動物として提供することを計画しております。また疾患モデルブタ(糖尿病モデル等)の開発も進行中です。現在、GLP*試験を受託可能なCRO**との業務提携交渉を進めております。
*GLP : Good Laboratory Practiceの略。医薬品や食品の安全性を評価する検査や試験が正確かつ適切に行われたことを保証するための基準。
**CRO : Contract Research Organizationの略。受託試験実施機関を指し、製品開発業務において製薬企業等の開発支援を行う。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。