logo

Altairが、VisSim™ 9.0のリリースで組み込みシステムのモデルベース設計を高速化

ビジュアル言語の機能の追加と強化により、さらに効率的な開発が可能に

Altairは、VisSimの新バージョンのリリースを発表しました。VisSimは、数学モデリング、シミュレーション、および組み込みシステムのモデルベース開発のための革新的なビジュアルプログラミング言語であり、世界中の科学者やエンジニアによって使用されています。VisSim 9.0によって、エンジニアリングの生産性が向上するほか、Texas Instruments(TI)C2000製品ファミリーのサポートが拡張されます。

条件が設定されたサブシステムを多く含む大きなダイアグラムだけでなく、大きなプロットやシミュレーション全体における速度が向上しています。マルチスケールプロット、極座標プロット、ブロック / ダイアグラム検索機能が追加されました。新しい組み込み機能には、Execution OrderingブロックやCRC16ブロックのほか、センサレスの磁界方向制御(FOC)モーターをプログラミングするためのTI MotorWare InstaSPIN FASTブロックとSpinTACブロックが含まれています。

Philips Healthcare社のPrincipal Controls EngineerのMike Borrello氏は、次のように述べています。「これまでのキャリアを通じて、動的システムのリアルなシミュレーションのために必要になるツールを用意する際は、VisSim一本に頼ってきました。ベータ版のリリース時点から使っていますが、VisSim 9.0はどこをとってもバージョン8.0と同じ安定性があります。同時に、素晴らしい新機能の追加と機能強化が実施されており、おかげでモデルの構築がより一層簡単になります」。

TI C2000マイクロコントローラー(MCU)を使ったモーター制御シミュレーションと組み込み開発を深くサポートするようになったことで、制御系のエンジニアはC言語のコードを1行も書かずとも、組み込みシステムを100%グラフィックだけで開発できるようになりました。バージョン9.0のリリースでは具体的に、F2805x、F2837x、F2807xの各種MCUとの連携が強化されています:

•Piccolo F2805x MCUのサポート(プログラマブル ゲイン アンプ、デジタル-アナログ変換回路(DAC)、およびコンパレーター系サブシステムを含む)

•Delfino F2837x MCUのサポート(動作周波数200 MHz、16ビットのアナログ-デジタル変換回路(ADC)、12ビットのDAC、デュアルコアのC28xプロセッサー)

•Delfino F2807x MCUのサポート(動作周波数100 MHz、12ビットのADC、12ビットのDAC、デュアルコアのC28xプロセッサー)


さらに電気駆動系エンジニアは、市場をリードするモーター技術のTI社のInstaSPINにアクセスできるようになりました。

Texas Instruments社のMotion Products EvangelistであるDave Wilson氏は、次のように述べています。「VisSim 9.0のおかげでInstaSPIN-FOCの操作方法が一変しました。モーター制御コースの実験演習で使用しましたが、生徒も大変気に入っていました。インターフェースを動作させると、モーターが瞬時に動き出したのです」。

VisSimがポートフォリオに加わったことで、Altairの数学やシステム関連のソリューションは、マルチフィジックスモデリングやシミュレーションの域を超えて、組み込みソフトウェア、コントローラー、さらに化学反応にまで広がりました。C言語コードの自動生成機能を搭載したビジュアル言語によって、組み込みソフトウェアの作成がよりシンプルになるだけでなく、制御系エンジニアが作成に取り組みやすくなります。システムのモデルベース開発では、組み込みソフトウェア、コントローラー、電子部品、機械設計を組み合わせて、ある問題の機能系と構造系を完全に表現したモデルを作成します。この手法のメリットは、エンジニアがシステム要件と設計要素をリンクできるため、設計を網羅的にトレースして検証することが容易になるという点です。

AltairのSenior Vice President of Embedded Systemsを務めるPeter Darnellは、次のように述べています。「今回のVisSimのリリースは、Visual Solutions社を2014年8月に買収して以来初めてのものになります。Altairの魅力的なソフトウェアリソースを活用したことで、VisSim 9.0はこれまでで最も高速かつロバストなバージョンになりました。その場で編集できる“edit-in-place”機能やインタラクティブなブロック検索、プロセッサー イン ザ ループ(PIL)試験を可能にするJTAG HotLinkの同期などの新機能についても、大いに期待しています」。

用語解説

Altairについて
Altairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2300人を超える従業員を擁する非上場企業であるAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、22ヵ国に40以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。