logo

公式ヘルプフォーラムのトップ回答者によるワザが満載!『できる逆引きGoogleアナリティクス』発売&試し読みできる無料PDFを提供開始



インプレスグループでIT関連出版メディア事業、及びパートナー出版事業、デジタルメディア&サービス事業を展開する株式会社インプレス(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関本彰大)は、Web解析(アクセス解析)ツールの業界標準ともいえる「Googleアナリティクス」の解説書『できる逆引きGoogleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応』を3月19日(木)に発売いたしました。

できる逆引きGoogleアナリティクス
Web解析の現場で使える実践ワザ240
ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応

[画像1: リンク ]

著者:木田和廣&できるシリーズ編集部
定価:本体2,200円+税
発売日:2015年3月19日(木)
ページ数:384ページ
判型:A5正寸判

インプレスの書籍情報ページ:
リンク

Googleアナリティクスは優れたWeb解析ツールとして広く知られていますが、導入するだけでサイトのビジネスが成長するわけではないのも事実です。Web担当者にとっては、自社サイトの目的を理解したうえでレポートを分析し、その結果を改善への具体的なアクションに結びつけ、組織を先導していくことが課題になってきます。

本書はこのような状況を前提に、Googleアナリティクスの使い方や活用ノウハウを「逆引き」形式で解説した書籍です。導入や設定に関する操作手順はもちろん、各種レポートの分析手法や見るべきポイント、セグメントやカスタムレポートの有効な設定例、サイト改善の考え方と施策のアイデアなどを240個の「ワザ」としてまとめています。筆者は、アナリティクス アソシエーション(a2i)のセミナーなどで多数の講師実績を持ち、Googleアナリティクス公式ヘルプフォーラムの最多回答者でもある木田和廣氏です。

◆紙面イメージ

[画像2: リンク ]

各ワザは用語や設定、レポートの分析手法などを簡潔に解説しつつ、操作手順や関連情報を掲載しています。最後にある筆者からのアドバイスでは、そのワザの要点や特に注意すべき点がわかります。

本書の発売と同時に、厳選した10個のワザの内容と、すべてのワザの一覧を掲載した無料のPDFファイルを「できるネット」にて提供いたします。会員登録は不要でダウンロードできますので、本書を気軽に試し読みしていただけます。

◆無料試読版のダウンロードページ:
リンク

◆著者プロフィール
木田和廣(きだ かずひろ)
[画像3: リンク ]

株式会社プリンシプル WEB解析事業部長 副社長。
1989年、早稲田大学政治経済学部卒業。豊田通商、カーポイント(現カービュー)を経て、2004年にエンタープライズ向けWeb解析ソリューション「Webtrends」の営業からWeb解析業界でのキャリアをスタートする。2009年からGoogleアナリティクスに基づくWeb解析コンサルティングに従事し、アナリティクス アソシエーション(a2i)のセミナーや個別企業向けでの講師実績多数。Googleアナリティクス公式ヘルプフォーラムの通算回答数は最多の2,000回以上。

【できるネット】 リンク
[画像4: リンク ]

2014年に20周年を迎えたパソコン解説書「できるシリーズ」で培ってきた編集ノウハウを生かし、ユーザーにとって「最良の使い方」をわかりやすく解説するWebサービスです。できるシリーズと連携したコンテンツや、できるネット独自のコンテンツなど、約6,000記事を掲載しています。

【株式会社インプレス】 リンク
シリーズ累計7,000万部突破のパソコン解説書「できる」シリーズ、「デジタルカメラマガジン」等の定期雑誌、IT関連の専門メディアとして国内最大級のアクセスを誇るデジタル総合ニュースサービス「Impress Watch」等のコンシューマ向けメディア、「IT Leaders」、「SmartGridニューズレター」、「Web担当者Forum」等の企業向けIT関連メディアブランドを総合的に展開、運営する事業会社です。IT関連出版メディア事業、及びデジタルメディア&サービス事業を幅広く展開しています。

【インプレスグループ】 リンク
株式会社インプレスホールディングス(本社:東京都千代田区、代表取締役:関本彰大、証券コード:東証1部9479)を持株会社とするメディアグループ。「IT」「音楽」「デザイン」「山岳・自然」「モバイルサービス」を主要テーマに専門性の高いコンテンツ+サービスを提供するメディア事業を展開しています。

【本件に関するお問合せ先】
株式会社インプレス 広報担当
E-mail:info@impress.co.jp/ / URL:リンク

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事