logo

テクトロニクス、業界初の100GBASE-SR4用光テスト・ソリューションを発表

テクトロニクス 2015年03月19日 11時19分
From Digital PR Platform


報道発表資料
2015年3月19日

テクトロニクス(代表取締役 米山 不器)は、本日、DSA8300型サンプリング・オシロスコープ用、100G広波長帯80C15型光サンプリング・モジュールの高感度クロック・リカバリ・トリガ・ピックオフ(CRTP)を発表します。この組み合わせは、最近承認された100GBASE-SR4(IEEE 802.3bm)の仕様で規定された光デバイスのテスト、クロック・リカバリに必要な信号感度を実現した、業界初、唯一のテスト・ソリューションです。

IEEE 802.3bmの仕様は、ローコスト、低消費電力の機器、マルチモードの光ファイバによる短距離の100Gbps光リンクを対象にしています。この仕様には、テストに関していくつかの難しい問題点があり、非常に小さな電力の信号を取込むために、十分に高い感度を持った光-電気(O/E)コンバータが必要になります。従来、このようなソリューションはなく、大きな電力測定用のテスト構成しかありませんでした。

80C15型光サンプリング・モジュールとOpt. CRTPは、-9dBm(クロック・リカバリでは-8.5dBm)という高い感度で正確に信号を測定できる、シングルモード(SM)、マルチモード(MM)両方の100G Ethernet規格に対応した、業界トップクラスの光信号解析ソリューションです。80C15型は業界トップクラスの低ノイズを実現しているため、100GBASE-SR4(IEEE 802.3bm)、広く普及している100GBASE-ER4/LR4(IEEE 802.3ba)、さらに最新の400GBASE-xR8(IEEE 802.3bs)400Gbps規格など、数多くの100G規格のテストに最適です。

DSA8300型サンプリング・オシロスコープに80Cシリーズ光サンプリング・モジュールを装備することにより、テレコム(100Mbps~40Gbps)、データコム(Ethernet、Fibre Channel、InfiniBand)、汎用光コンポーネントのテストに最適なソリューションとなります。主な機能として、光-電気変換、平均電力モニタ、光クロック・リカバリ、9~62.5μmのSM/MMファイバの入力サポートがあります。

80C15型は32GHz以上の全帯域、完全統合されたコンプライアンス・フィルタを装備しており、800nm~1600nmの広波長帯のSM/MMの両方の光ファイバのコンフォーマンス・テストが可能です。このモジュールは、22Gbps 25.781Gbps(100GBASE-ER4、-LR4、-SR4、InfiniBand EDR)、27.952Gbps(OTU-4)、28.05Gbps(32G Fibre Channel)のレートをサポートする光フィルタを装備しています。

テクトロニクス、パフォーマンス・オシロスコープ、ジェネラル・マネージャのブライアン・ライク(Brian Reich)は、次のように述べています。「当社は常に規格団体と緊密に連携し、必要なときに必要なテスト・ソリューションを提供しています。また、信号経路のノイズを最小にするニーズに応えることで、お客様は信頼性の高い測定結果が得られます。今回の発表により、当社は業界に先駆けて高感度、低ノイズのソリューションを提供します」


<テクトロニクスについて>
テクトロニクスは、計測およびモニタリング機器メーカとして、世界の通信、コンピュータ、半導体、デジタル家電、放送、自動車業界向けに計測ソリューションを提供しています。65年以上にわたる信頼と実績に基づき、お客様が、世界規模の次世代通信技術や先端技術の開発、設計、構築、ならびに管理をより良く行えるよう支援しています。米国オレゴン州ビーバートンに本社を置くテクトロニクスは、現在世界22カ国で事業を展開し、優れたサービスとサポートを提供しています。詳しくはウェブ・サイト(jp.tektronix.com)をご覧ください。


<テクトロニクスの最新情報はこちらから>
Twitter (@tektronix_jp)
Facebook (リンク )
YouTube(リンク


<お客さまからのお問合せ先>
テクトロニクス お客様コールセンター
TEL 0120-441-046 FAX 0120-046-011
URL jp.tektronix.com


Tektronix、テクトロニクスは 、Tektronix, Inc.の登録商標です。本文に記載されているその他すべての商標名および製品名は各社のサービスマーク、商標、登録商標です。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。