logo

「科学上のブレークスルーに関するグローバルシンポジウム」 参加登録の受付開始について

独立行政法人日本学術振興会 2015年03月18日 16時00分
From 共同通信PRワイヤー

平成27年3月18日(水)

独立行政法人日本学術振興会 リンク

「科学上のブレークスルーに関するグローバルシンポジウム」
参加登録の受付開始について

独立行政法人日本学術振興会(理事長 安西 祐一郎)の主催により、平成27年5月26日(火)に開催する「科学上のブレークスルーに関するグローバルシンポジウム」(英文:Global Symposium on Scientific Breakthroughs)について、3月26日(木)より参加登録受付(一般・報道)を開始しますことをお知らせいたします。

このたび、世界各国の学術振興機関の長が一堂に会するハイレベルフォーラムであるグローバルリサーチカウンシル(GRC)第4回年次会合の開催に併せて、サイドイベントとして、GRCの議論のテーマの1つである「科学上のブレークスルーに向けた研究費支援」に関する公開シンポジウムを開催します。
本シンポジウムでは、世界の学術振興機関の代表者、ノーベル賞受賞者、科学政策を担当する政府関係者による講演やパネルディスカッションを通して、科学上のブレークスルーにつながる基礎研究支援の在り方や、グローバル研究ネットワークの促進などの政策課題について議論を行う予定です。

1.会議名称 
  和文名:科学上のブレークスルーに関するグローバルシンポジウム
  英文名:Global Symposium on Scientific Breakthroughs
2.開催日時   
  平成27年5月26日(火)9:30-15:00
3.開催場所  
  ホテルオークラ東京 別館地下2階 アスコットホールII
4.主  催
  独立行政法人日本学術振興会
5.後  援
  文部科学省、科学技術振興機構(JST)
6.プログラム案
  午前:開会挨拶、基調講演
  午後:パネルディスカッション
  プログラムの詳細は専用ウェブサイト(リンク)を御覧ください。
7.主な登壇予定者
 (基調講演)
  ラッシュ・ホルト 全米科学振興協会CEO
  ポール・ボイル 英国レスター大学長(前Science Europe理事長)
  根岸英一 パデュー大学特別教授(2010年ノーベル化学賞)
  アーリング・ノルビー スウェーデン王立科学アカデミー終身顧問
 (パネルディスカッション:モデレーター(安西祐一郎))
  フランス・コルドバ 米国国立科学財団長官
  ペーター・シュトローシュナイダー ドイツ研究振興協会会長
  ジャン・ピエール・ブルギニョン 欧州研究会議理事長
  中村道治 科学技術振興機構理事長  外
8.言  語
  英語(日本語同時通訳有)
9.定  員
  400名程度
10.参加条件
  どなたでもご参加いただけます(参加費無料)
11.参加方法
(1)一般参加者
  専用ホームページ(リンク)より
  お申込みください(3月26日(木)受付開始予定)。
  先着順により、定員になり次第締め切らせていただきます。
  御登録のメールアドレスに登録確認のメールを送付します。
  本メールが参加証となりますので、印刷の上、必ず御持参ください。
(2)報道関係者
  プレス登録御希望の方は、取材要綱を確認の上、
  5月22日(金)17時までに運営事務局宛に別紙申込用紙を御提出ください。
  なお、講演者、パネリストへのインタビューを御希望の場合は、
  事前に運営事務局宛に御連絡をお願いします。



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。