logo

 【“不合格”の選考結果が無駄にならない!??】学生の就職活動状況がシェアできるスカウト型サービス『キミスカ』登録数10,000人の大台突破!!

株式会社グローアップ 2015年03月18日 12時16分
From PR TIMES

就職活動期間の後ろ倒しにより、学生・企業共により一層の効率化と精度の高いマッチングが求められてくることを見越し、2013年9月よりリリースした就活状況シェアサービスです。

ヘッドハンティング・人材紹介事業を手掛ける株式会社グローアップ(所在地:東京都豊島区、代表取締役:仲真良広)は、学生が選考状況を企業の採用担当者にシェアし、直接スカウトを受けられるWebサービス【キミスカ】リンクをリリースし、2015年3月現在、参画企業100社、学生の登録数が13,000名を突破致しました。



◆【キミスカ】とは?
 就職活動の状況をアプリ内で学生が公開し、登録企業が学生のプロフィールや他社の選考状況を参考にして
 自社にマッチするであろう学生にピンポイントでスカウトを送ることができるサービスです。
 『キミスカ』リンク
[画像1: リンク ]

    1. 学生の選考状況に特化
    例えば、コンスタントに適性テストをパスしている学生であれば、適性テストと一次面接を省いて
    二次面接からご案内するなど、画一的な選考を行う必要がありません。

    2. 早期に優秀層の囲い込みができる
    他社の選考状況や志向性を確認し、優秀層への効率的なアプローチ、高いマッチングが可能です。


[画像2: リンク ]

◆メリットは?

 【学生側】
  1.一つの選考結果が複数社の選考へ
  1つの選考状況を有効活用して大手企業からベンチャー企業まで様々な企業からスカウトを受ける事
  ができます。企業によっては特別食事選考会なども用意しています。

  2.落選結果も有効活用
  折角苦労して最終選考まで進んだのに、最後で落選して気落ちし、就活に対する熱意が落ちてしまう
  学生の方も多数いらっしゃいます。この様な落選結果も有効に活用できるサービスです。


  【企業側】
  1.マッチング度の向上
  今まではエントリーシートのみで書類選考を実施していた企業が、学生の選考状況をリアルタイムに
  確認する事により学生の志向性や実力などの本質に迫る事ができます。

  2.画一的な選考をなくし、効率アップ
  他社の選考状況を確認する事により自社でのSPIや、一次選考を実施する手間を省く事ができます。


◆製品・サービスの概要
[画像3: リンク ]

 サイトURL:リンク
 公開日:2013年9月
 
【会社名】株式会社グローアップ
【代表名】仲真良広
【所在地】東京都豊島区東池袋1-30-6
【設立】2008年2月
【事業内容】ヘッドハンティング事業、有料人材紹介事業
【URL】リンク


◆代表のご紹介
 2006年大学卒業後、世界最大のシェアを誇る外資系のヘッドハンティンググループに入社。
 当時最年少コンサルタントリーダーとしての活躍を経て2008年に独立。現在はヘッドハンティングの手法と
 登録型の手法を組み合わせた人材紹介の仕組みを提供。大学生のためのキャリア支援にも力を入れている。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。