logo

ASEAN留学生90名と日本企業10社のマッチングの場:合同説明会を開催。留学生採用においては、「高学歴」と「優秀な人財」に相関ない?

株式会社VACS International 2015年03月17日 08時00分
From PR TIMES

今後の日本経済は、「ASEAN人財」の活用が重要なキーとなる。

日本で唯一ASEAN人財(人材)に特化した、キャリアサポート/人材採用サポートを行う株式会社VACS International (バックスインターナショナル, 所在地:東京都豊島区 代表取締役:渡邉 健太) は3月12日、ASEAN出身で日本および日本の企業への就職を望む若手人材90名と、採用を考える企業10社とのマッチングの場「ASEAN CAREER Spring Forum 2015(就職合同説明会)」を、デジタルハリウッド大学駿河台キャンパスのホールで開催しました。



[画像1: リンク ]

■開催概要
2015年3月12日に、「ASEAN CAREER Spring Forum2015」と題し、ASEAN諸国から来日し日本で学んでいる、ASEAN出身の留学生と、日本企業の「出会いのきっかけ」を創るための合同説明会を開催しました。会場はデジタルハリウッド大学駿河台キャンパス内のホール、出展企業は以下の通りです。

[画像2: リンク ]



(出展企業一覧)
・日立造船株式会社
・日通商事株式会社
・株式会社レインズインターナショナル
・株式会社日進
・株式会社Looop
・株式会社シーエムプラス
・株式会社ボーダレス・ジャパン
・株式会社I2C
・株式会社ベルーフ
・株式会社エーアイエル

■システム
出展企業の皆様には、「母国語」情報だけを事前にご提供し、ブース訪問時に「興味を持った」学生をチェックしていただきました。その結果、大変面白い結果が得られましたので、ご紹介します。

■「高学歴」と「優秀な人財」に相関がない
前述のチェックシートと、学歴を照らし合わせると、社会的に「高学歴」とされる、偏差値の高い大学の在校生は必ずしも日本企業の人事部から「興味」を持たれていないことがよくわかります。日本企業の人事部の方とお話していると、「たとえ話」として有名大学の名前が挙がりますが、むしろ今回の結果は、一般的に知名度の低い大学に在籍する学生の方がより多く「人気度上位」に入りました。

この理由として、「ASEAN出身の留学生」ということを踏まえると、2つの理由が考えられます。


母国のTOPレベルの大学で優秀な成績をおさめた後に留学し、必ずしも日本TOPレベルの大学に入っていない。
やはり「学歴」よりも重要な指標(たとえば「主体性」等)が存在する


1については、留学生採用特有の事象ですが、2については、従来に増して、欲しい人財が取れる可能性が高いという意味においての「学歴」が機能しなくなってきており、留学生の場合はそれがさらに顕著ということです。
私たちは、この結果も踏まえ、「学歴だけでは判断できない」優秀な人財を企業様にご紹介していくと同時に、「新卒至上主義」の現状に問題提起を行っていきます。

[画像3: リンク ]

[画像4: リンク ]



■株式会社VACS Internationalについて
日本初のASEAN人財の採用サポートに特化したサービスを展開し、日・ASEAN経済圏活性化を支援する会社です。
数々の東南アジア留学生団体と密接に連携し、就職支援を行っています。そこで培った、経験やネットワーク、留学生当事者の視点をもとに、日系企業で働きたい、すべてのASEAN出身者のためのサービスとして、「ASEAN CAREER」を展開いたします。また、ASEAN留学生や現地の日本語を学ぶ若者を集め、マーケティングリサーチ案件にも対応しています。

日本の就活事情は、売り手市場などと言われており、日本の高齢社会も問題になっていますが、日本で働きたいと思っている若者はASEANを中心にたくさんいるのです。彼らは非常に優秀で、謙虚であり、意欲が高い。今後の日本経済を支えるのは、間違いなく海外の人財であり、立地的にも近く、親日家が多く、日本語を学ぶ人財が豊富な、ASEANがその中心となるでしょう。

■会社概要
会社名:株式会社VACS International
代表者:代表取締役社長 渡邉健太
設立 :2014年3月12日
所在地:東京都豊島区高田3-16-9 小倉ビル2階
URL :リンク

【本件に関するお問合せ先】
株式会社VACS International(バックスインターナショナル)
担当 :吉田(よしだ)
TEL :03-5960-5850
FAX :03-5960-5851
Mail :info@vacs.asia

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。