logo

DOWAメタルマインに海外探鉱資金貸付を実行

JOGMEC 2015年03月16日 16時28分
From Digital PR Platform


 JOGMEC(本部:東京都港区、理事長:河野博文)は、DOWAメタルマイン(株)(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:関口明、以下「DOWA」)に対し、ロス・ガトス探鉱プロジェクト(以下、「本プロジェクト」)を対象として融資を実行しました。
 本プロジェクトはメキシコ合衆国・チワワ州に位置し、主として亜鉛、鉛を対象とした探鉱活動を行っています。


 2014年12月、DOWAは、Sunshine Silver Mining & Refining社(本社:米国コロラド州、以下「SSMR社」)との間で、SSMR社が100%子会社Minera Plata Real社(本社:メキシコ合衆国メキシコ市、以下「MPR社」)を通じて権益を保有する本プロジェクトへの参画に合意し、パートナー契約を調印しました。DOWA は、MPR社に対して50百万米ドルのフィージビリティー・スタディー(約2年間を想定)費用を拠出することにより、MPR社の30%の権益および本プロジェクトから生産される亜鉛精鉱の引取権を獲得します。

 JOGMECは、DOWAが2014年度にMPR社へ拠出した資金を海外探鉱資金貸付の対象とすることを決定し、このたび融資を実行しました。

 亜鉛は産業に欠かせないベースメタルであり、今後も堅調な需要が見込まれていますが、近年、これまで需要を支えてきた大規模鉱山が相次いで閉山を予定しています。本プロジェクトが成功すれば、将来、本邦の亜鉛精鉱の安定供給に大きく貢献することが期待されます。JOGMEC は、金属資源の安定供給を図るため、海外で探鉱開発を推進する企業に対して今後も積極的に支援を行ってまいります。

◆ 案件概要

事業の概要:メキシコ合衆国ロス・ガトスプロジェクト (亜鉛・鉛探鉱事業)
貸付先:DOWAメタルマイン(株)
貸付金の種類:金属鉱物海外探鉱資金
償還期間:7年 (うち据置期間2年)
貸付契約額:925百万円 (平成26年度分)
契約締結日:平成27年3月16日



◆ プロジェクト位置図 (注)
メキシコ合衆国チワワ州チワワ市の南方約120km。
(注) 2014年12月18日付けDOWAホールディングス株式会社ニュースリリース「メキシコにおける鉱山開発プロジェクトへの参画について」より引用             
                
→全文を読む
リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。