logo

ベルリン市街の3Dモデルを無料公開

Berlin Partner for Business and Technology 2015年03月16日 11時38分
From 共同通信PRワイヤー

ベルリン市街の3Dモデルを無料公開

AsiaNet 59822 (0371)

【ベルリン2015年3月13日PRN=共同通信JBN】ベルリンは欧州内のあらゆる場所でデジタル経済分野の先進的役割を担っている。13日、ドイツの首都の3Dモデルがオープンデータとして一般に公開される運びになった。これまでインターネットユーザーはビジネスロケーション・センターのリアルな3DモデルをBerlin Partner for Business and Technologyからオンラインで入手してベルリン市内を探索できたが、これからはそのデータを利用することもできるようになった。科学者であれ、ゲームデベロッパーであれ、都市計画専門家であれ、建築家であれ、グラフィックデザイナーであれ、ベルリンの大スケールモデルを無料でダウンロードできる。

モデルの作成にはベルリン市域890平方キロに林立している約55万棟の建物が上空から撮影、計測された。市内の建築物の3Dデータはベルリン市当局(州と同格)のオープンデータ・イニシアティブとしてウェブベースのサービスポータルサイトに保存、準備されている。オープンデータ・モデルはユーザーがそれぞれの目的の必要に応じて、市内全域をカバーするオリジナルのCityGMLデータとしても、一部のセクションに限定しても利用することが可能だ。例えば、多種多様な3Dデータフォーマットでサービスインターフェースから個別の建物を選択してダウンロードできる。モデルは技術系の企業やデジタル経済の新参企業、科学研究機関の研究・開発のユニークな基盤を提供する。モデルはまた欧州のデジタル革新都市、ベルリンの先駆的役割を強化するものでもある。

3D都市モデルは市政府経済・技術・研究局とBerlin Partner for Business and Technology との共同プロジェクトである。

無制限に利用できる3D都市モデルと映像資料は以下のリンク先を参照:
リンク

▽問い合わせ先
Annabell Doerksen, Spokeswoman
annabell.doerksen@berlin-partner.de
+49-030/46302-599

Berlin Partner fuer Wirtschaft und Technologie GmbH,
Fasanenstrasse 85, D-10623, Berlin

リンク

ソース:Berlin Partner fuer Wirtschaft und Technologie GmbH

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事