logo

【新サービス】DevOps採用システム自動構築ツール 「SkyHopper」 をリリース(株式会社スカイアーチネットワークス)

スカイアーチ 2015年03月12日 20時28分
From PR TIMES

株式会社スカイアーチネットワークス(本社:東京都港区虎ノ門、 代表取締役社長:江戸達博、以下「スカイアーチ」)は、DevOps(※1)採用システム自動構築ツール (※2)「SkyHopper」 をリリースしました。

株式会社スカイアーチネットワークスがアマゾン ウェブ サービス(以降 AWS)(※3) 向けにDevOps採用システム自動構築ツール「SkyHopper」のβ版をオープンソース・ソフトウェア(OSS)(※4)として2015年3月8日に公開したことを発表します。

サービスサイト:リンク
情報公開サイト:リンク



■概要
DevOpsの考えに則りシステムの継続的インテグレーション(納期短縮及び品質改善)を可能にするOSSです。
システム構築から運用までトータルサポートできるようになっており、下記DevOpsツールを組み合わせたシステム構成となっております。
[画像: リンク ]



■実現できる事
本ソフトウェアを利用する事で下記の様なシステム構築/運用が可能です。


インフラ構成/ミドルウェア組み合わせをテンプレート化する事によるシステム構築工数の短縮
構築システムに対する監視登録作業工数の短縮
機械的なテストを実施できるフレームワークを利用したシステム正常性チェックの実施
コード化された作業による作業漏れの防止
構築システム毎にユーザ権限を設定できるマルチテナント対応
作業毎のログ取得によるトレーサビリティの確保


■開発に至った背景

「より早く」パターン化されたサーバの構築、監視設定を実施したい
「より確実に」サーバ設定や、監視設定を実施したい

一見矛盾する要求ですがクラウドベンダ提供のAPI(※5)やOSSのDevOpsツールを組み合わせる事で、要求を解決出来るようになりつつありました。
しかし、それぞれのDevOpsツールをシームレスに連携させるツールが無かったため自社開発に至りました。

「Infrastructure as Code(※6) の概念をMSP(※7)事業者でも実践する事で
お客様の継続的インテグレーションをさらに加速出来る体制を整える」

という思いから2014年度「SkyHopper」の開発をスタートしました。
開発にあたり弊社お客様より多数のご意見や要望を頂いた事に感謝致します。
今後はオープンソース化に伴いさらなる「SkyHopper」の成長をさせていく事を考えております。

■デモ動画
[動画: リンク ]



※1 DevOps
開発 (Development) と運用 (Operations)が協力し、より柔軟かつスピーディーに対応出来るシステムを作る取り組みのこと。

※2 DevOps採用システム自動構築ツール
クラウド環境のシステム構築から運用までをコード化及び自動化し、トータルサポートするツールのこと。

※3 アマゾン ウェブ サービス(AWS)
Amazon.com により提供されるクラウドコンピューティングサービスのこと。

※4 オープンソース・ソフトウェア(OSS)
ソフトウェアのソースコードを無償で公開し、誰でもそのソフトウェアを改良、再配布が出来るライセンス体系のこと。

※5 API
Application Programming Interfaceの略。あるプログラムの機能やデータを、外部から呼び出し利用するための手順やデータ形式などを定めた規約のこと。

※6 Infrastructure as Code
手順書等を元に手動で行ってきたITインフラの構成管理をコード化し、再現可能な状態とすること。

※7 MSP
Management Services Providerの略。企業が保有するサーバやネットワークの運用・監視・保守などを請け負う事業者のこと。


■本件に関するお問合せ先
企業名:株式会社スカイアーチネットワークス
技術本部:柚木・神津
TEL:03-6743-1100
E-mail:info@skyarch.net

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事