logo

三陽商会、「SANYOオムニチャネル基盤」で「hybris Commerce Suite」をベースとしたNTTデータの「BizXaaS®オムニチャネル」を採用

ハイブリスソフトウェア(an SAP Company)は本日、株式会社三陽商会(以下、三陽商会)と株式会社NTTデータ(以下、NTTデータ)が発表した「SANYOオムニチャネル基盤」において、オムニコマースのプラットフォームである「hybris Commerce Suite」をベースとしたNTTデータの「BizXaaS®オムニチャネル」を採用することを発表しました。

三陽商会とNTTデータは、三陽商会が目指す次世代型Eコマースの実現に向け、店頭とECの融合・外部WEBサイトとの情報共有を行う「SANYOオムニチャネル基盤システム」の構築を開始しました。 当「SANYOオムニチャネル基盤システム」では、同一の基盤上で複数のEC店舗の運営や、店頭在庫も含めた在庫の販売等を行えるようにすることでリアル店舗とEC店舗の融合を目的としています。また、NTTデータが提供する、外部サイトの連携を前提に設計された「BizXaaSⓇオムニチャネル」を採用することで、自社店舗・ECサイトだけでなく他社のECサイト等へ同じ情報を提供することが可能となり、ECチャネルが簡単に拡がるオムニチャネル基盤を実現します。

なお、本システムの稼働は2015年夏より段階的な稼動を予定しています。

hybris Commerce Suiteについての詳細は、www.hybris.comをご覧ください。

本採用に関する詳細は、三陽商会、NTTデータより3月13日に発表されたプレスリリースをご参照ください。

三陽商会ホームページ 本件プレスリリース
リンク

NTTデータプレスリリース
リンク


*「BizXaaS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。
* その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。

用語解説

ハイブリスソフトウェアについて
ハイブリスソフトウェア (an SAP Company) の提供するオムニチャネルのCEC(カスタマーエンゲージメント&コマース)ソリューションは、組織が顧客のコンテクスト(状況)をリアルタイムで理解し、関連性が高く、かつインパクトのある顧客体験を提供できるよう支援すると共に、すべてのタッチポイント、チャネルそしてデバイスを通じて商品、サービスおよびデジタルコンテンツの販売促進を支援します。3M、アシックス、ブリヂストン、Everything Everywhere、ギャラリー・ラファイエット、ジョンソン・エンド・ジョンソン、リーバイ ストラウス、ネスレ、ネスプレッソ、ニコン、Rexel、サムスン電子、テッドベーカー、Tommy Bahama、W.W. Graingerなどの世界有数の企業に対して、最先端の顧客データ管理、コンテクストに即したマーケティングツール、統合化コマース処理を提供し、利益をもたらす優良顧客の獲得、維持、拡大を支援しています。hybris Commerce Suiteおよびhybris MarketingはSAPのCEC(カスタマーエンゲージメント&コマース)のソリューションスイートの中核を担い、SAP® Cloud for Sales、SAP Cloud for Service、SAP CRMと組み合わせることで、チャネルをまたがった顧客情報の統合化ビューの提供、シンプルな顧客エンゲージメントの実現、そして複雑な業務課題を解決するための基盤、フレームワーク、ビジネスツールを提供します。詳細はwww.hybris.com/ja/をご覧ください。

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事