logo

ギリシャのデジタルエージェンシー「マインドワークス社」の株式80%取得で合意

株式会社電通 2015年03月12日 11時15分
From 共同通信PRワイヤー

2015年3月12日

株式会社電通

ギリシャのデジタルエージェンシー「マインドワークス社」の株式80%取得で合意

 株式会社電通(本社:東京都港区、代表取締役社長執行役員:石井 直、資本金:746億981万円)の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、成長著しいギリシャのデジタル市場への対応を強化するため、同国のデジタルエージェンシーである「Mindworks S.A.」(本社:アテネ市、以下「マインドワークス社」)の株式80%の取得と、2017年以降に完全子会社化するオプションを当社グループが有することにつき、同社株主と合意しました。

2003年に設立された「マインドワークス社」は、2009年にギリシャのAtcom Internet & Multimedia S.A.(以下「アットコム社」)に買収され、同社の一部門となっていました。2015年1月に、アットコム社がマインドワークス部門を分離、独立させることに合意したことから、今回の株式取得に先立ち、新会社の社名を当社グループのグローバルネットワーク・ブランドであるIsobar(アイソバー)とiProspect(アイプロスペクト)を冠した「アイソバー・アイプロスペクト・アドバタイジング社」に変更していました。

アイソバー・アイプロスペクト・アドバタイジング社はデジタル広告サービス全般を取り扱っています。なかでもソーシャルやモバイル領域の戦略策定やクリエーティブに強みを持ち、顧客に多くのグローバル企業を抱えています。イノベーティブな同社が新たに電通グループに加わることで、ギリシャにおける当社グループの既存メディアサービスとの補完関係が成り立ち、顧客企業に統合的なフルサービスを提供することが可能になります。

当社グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)が2014年9月に発表したギリシャの広告費は、経済状況を反映し2013年は前年比で11.8%減でしたが、デジタル広告費は14.8%増もの成長を示し、2014年、2015年も19%程度の成長が続くと予測しています。

なお、本件が当社の2015年3月期の連結業績に与える影響は軽微です。


【マインドワークス社(現アイソバー・アイプロスペクト・アドバタイジング社)の概要】
社  名  : アイソバー・アイプロスペクト・アドバタイジング社
(Isobar-iProspect Advertising Services S.A.)
本社所在地 : ギリシャ・アテネ市
設  立  : 2015年1月
(前身のマインドワークス社は2003年設立。2009年にアットコム社に
買収され、2015年1月に分離・独立)
株主構成  : 買収手続き完了後
        ・電通イージス・ネットワーク 80%
         ・同社経営幹部 20%
収益(Revenue): 7,280,000ユーロ(約9.8億円)
※アットコム社の一部門であったマインドワークス部門の2014年12月期
における部門収益
代 表 者  : Costas Mantziaris(CEO)
従業員数  : 60名
事業内容  : デジタル広告サービス全般

以 上



本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。