logo

アルテラ、Generation 10 FPGA 向け、30 アンペア統合デジタル DC-DC コンバータを発表

日本アルテラ株式会社 2015年03月12日 09時05分
From PR TIMES

アルテラの新しいPower SoC、FPGA コアに最適化されたアダプティブ・デジタル制御機能を搭載



[画像: リンク ]



プログラマブル・ロジック・ソリューションの世界的リーディング・カンパニーであるアルテラ・コーポレーション(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、社長兼CEO:ジョン・デイナ、日本法人: 東京都新宿区西新宿、代表取締役社長:ハンス・チュアン、NASDAQ:ALTR)は本年3月11日(日本時間3月12日)、30アンペアのPowerSoC DC-DC降圧コンバータを、同社FPGA向け「Enpirion(エンピリオン)」電源ソリューションのポートフォリオに新たに追加いたしました。

新製品「EM1130」は出力電流が30アンペアで、アルテラの Generation 10 FPGA、特にArria(R) 10、Stratix(R) 10 FPGAコアおよびトランシーバの電源レールの電源管理を行う、統合デジタルDC-DC降圧コンバータ・ファミリの最初の製品です。アルテラは2013年にパワーIC企業であるEnpirion, Incを買収し、このほどEM1130 デジタル電源管理デバイスを発表いたしました。EM1130は、「これまで以上にプログラマブル・ロジックに最適化された電源ソリューションを市場に提供する」というアルテラの取り組みにおける、大きな成果となります。

EM1130を含むアルテラの電源ソリューションのポートフォリオの詳細は、アルテラのウェブサイト(リンク)にてご確認いただけます。本年 3月15日から19日までノースカロライナ州シャーロットで開催される Applied Power Electronics Conference(APEC)、でもご覧いただけます。

アルテラのDC/DCコンバータについて

アルテラのDC/DCコンバータは、操作性に優れた、高集積かつ高性能な電源ソリューションです。厳しい消費電力制約に対応しながら、ボード面積を削減するために、洗練されたポイント・オブ・ロード(POL)ソリューションを提供するものです。またアルテラのDC/DCコンバータは、ソリューション全体のサイズを小さくするために、高いスイッチング周波数と統合インダクタを備えた小型の拡張パッケージとして提供されます。低いオン抵抗 MOSFET、高精度な出力電圧レギュレーション、および先進機能群により、業界で最も先進的なFPGAを動作させることができます。

EM1130 DC-DCコンバータについて

EM1130 は、業界で最もフットプリントの密度が高く、かつ高精度な出力電圧レギュレーションと高速な過渡応答を提供します。これらの機能により、FPGAベースのシステムは最も厳しい性能、消費電力制約、ソリューション・サイズの要件を満たすことができます。また、PMBus経由のアルテラのSmartVID™技術へのインタフェースにより、Arria 10およびStratix 10 FPGAにおいて低電圧(VCC)を実現しつつ、特定デバイスのスピード・グレード性能を維持しながら、消費電力を大幅に削減できるようになります。また、PMBusインタフェース経由で電流、電圧、温度等の測定値をEM1130とシステム間で共有できるようになります。

EM1130 の優れた利点


お客様システム性能の向上のため、同等グレードの他社モジュールと比較して50%以上小型化し、効率を2%から4%改善
テレメトリ精度(電流と電圧測定値)を30%から50%改善、自社システムの性能範囲を拡大
アダプティブ・コントロール技術により、外部の補償コンポーネントを削減。動作環境の変化にかかわらず堅牢なソリューションを提供
操作性に優れたGUI(Graphical User Interface)により、プログラミングを簡素化し、最適なソリューションを迅速に開発可能


アルテラ Senior Vice President and General Manager, Business Units, Jeff Watersは、「本日発表したイノベーションにより、当社のハイエンド・ポートフォリオに、統合された電源マネジメントを提供できるようになりました。Enpirion社の買収後、18ヶ月で今回の発表に至ったことを大変嬉しく思っております。電源プラットフォームと業界をリードするFPGA プラットフォームとの密な連携によって、引き続きお客様のためになるソリューションをご提供できるものと期待しています」と述べています。

アルテラ General Manager, Power Business Unit, Mark Davidsonは、「性能を重視するアプリケーションにおいては、システム・アーキテクトと設計者は、消費電力および熱負荷を低減しながら、システム性能を最大限に高められるよう、事前に消費電力使用の計画を立てる必要があります。これが達成されれば、当社の顧客だけでなく、そのエンドユーザーは総コストを大幅に削減することができます。EM1130 アーキテクチャはよりインテリジェントなシステム向けの構成要素であり、FPGA、システム電源、およびその他のお客様のアプリケーションとの間における通信を可能とし、低いリスクで製品の市場投入期間を短縮できる、最も柔軟なコンフィギュレーションを提供するものです」と述べています。

アルテラ・コーポレーションについて

アルテラのプログラマブル・ソリューションは、電子システムの設計者が迅速かつコスト効率良くイノベーションを起こし、市場で差別化を図り、シェアを拡大するのに貢献しています。FPGA、SoC、CPLD、および電源管理をはじめとする関連技術を提供し、世界中のお客様企業に高価値のソリューションを提供しています。

ALTERA, ARRIA, CYCLONE, ENPIRION, HARDCOPY, MAX, MEGACORE、NIOS, QUARTUS, STRATIX の製品名ならびにロゴは、アルテラ・コーポレーションの米国およびその他の国における登録商標です。商標またはサービス・マークとして記載されている製品名ならびにロゴはすべて、リンク に記載されているとおり、各所有企業に帰属します。

プレスリリース提供:PRTIMES リンク

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。