logo

3DプリンターのZeeproがZeeproShareのオンライン体験キャンペーン

Zeepro 2015年03月11日 10時00分
From 共同通信PRワイヤー

3DプリンターのZeeproがZeeproShareのオンライン体験キャンペーン

AsiaNet 59733 (0335)

【サンフランシスコ2015年3月10日PRN=共同通信JBN】Zeeproは10日、 #My3DPrintWithZeeproキャンペーンの開始を発表した。3Dプリンターを持っていなくてもZeeproShareを試してみよう。#My3DPrintWithZeeproはZimプリンターを持っていないがZeeproShareを試してみたいという人々への1週間のキャンペーンである。試用したい参加者(*参照)は、ZeeproShareで対象物を選択し、Zeepro本社の中でリアルタイムに起きている印刷状況を見学することができる。同社はちょっとした贈り物として、その3Dプリントを参加者に郵送する。ウェブサイトwww.zeeproshare.com に申し込めば、Zimプリンターへの限られた時間のアクセスコードを受け取れる。

*限られた人数の参加者を対象にしている。試用契約条件はwww.zeeproshare.com を参照。申し込み受付は米東部夏時間(EDT)3月10日午前9時から3月15日午後7時まで。キャンペーンは2015年3月20日から26日まで催される。

Video - リンク
Photo - リンク
Photo - リンク

▽ZeeproShare:どこでもいつでも3Dプリントする最も簡単な方法
ZeeproShareは簡便かつ迅速なオンライン・ソリューションであり、利用者はどのようなデバイスからも3Dプリントを利用することができる。Zim 3DプリンターにアクセスするにはZeeproShareを利用し、対象物を選び、カラーを選んだ後にプリントを開始する。ユーザーはZimに搭載されているHDカメラのおかげで、どこからでもプリントをモニターできる。プリントが終わると、30秒間の時間差が直ちに生まれ、電子メールあるいはソーシャルネットワークを経由してプリントを共有することができる。また、ZeeproShareによって、ユーザーはオーナーがアクセス権を与える場合、Zim以外のものにもアクセスすることができる。

フィリップ・グリールメッティ最高経営責任者(CEO)は「多くの人々は、3Dプリンティングはまだ使うのが難しいと考えている。Zeeproが目指すことは、3Dプリンティングを日常生活に持ち込むことである。われわれは世界のどこでも、3Dプリントはどうしたら簡単に始めてもらえるかを示したい。だからわれわれは#My3DPrintWithZeeproのキャンペーン週間に、サンフランシスコの本社で興味ある個人がZimにアクセスする権利を提供することにした」と語った。

▽Zeeproについて
Zeeproはサンフランシスコを拠点にベンチャーキャピタルの支援を受けている革新的な新興企業であり、対象物をスマートフォン、タブレットあるいはデスクトップを利用する友人と容易に共有してもらい、3Dプリンティング技術を活用するユニークなアプローチを提供する。Zeeproは2013年9月、スマート機器から接続した3Dプリンターに組み込んだカメラを初めて提供、またスマートフォンやタブレットから直接3Dプリンターをユーザー・コントロールしてもらう初の企業となった。

Zim 3Dプリンターは以下のサイトから、米国でメーカー希望小売り価格1499ドルで入手できる。
www.amazon.com(リンク
www.bhphotovideo.com(リンク
www.newegg.com
www.datavision.com(リンク

詳しい情報はwww.zeepro.com を参照。

Zeepro Inc.
3130 20th Street San Francisco, CA 94114
@zeeproshare

ソース:Zeepro

▽問い合わせ先
Emily Ann Hodges
+1.415.713.1528
emily.hodges@zeepro.com

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

今日の主要記事